新着Pick
426Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
>ナイキの厚底シューズは高額(ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%の価格は税込30,250円)とはいえ、誰でも「入手可能」だ。

確かに文句を言うのではなく、このブームに乗っかってお買い上げすれば良いだけの話と言えそうです。ただ、スポンサー縛りで浮気できないランナーにとってはたまったもんではない話。「ドーピングシューズ」と揶揄したくなる気持ちも分かります。トレーニング量とは別のところで勝負が決まるわけですから。

「何とかならんのか?」と、ナイキ以外のライバル社へのプレッシャーも半端ないことは裕に想像できます。
話題となっているNIKE ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%をトレース

●コンセプト: 勝利のためのデザイン

●価格: ¥30,250(税込)

●訴求ポイント
わかりやすい昨日訴求

もっと厚く
もっと速く
#厚さは速さだ

何より実績というエビデンスが強い!

3レースで厚底シューズの男女16人がメダル獲得

実績をストーリー化して伝える
"常識を打ち破った2人
設楽悠太の足幅は狭く、大迫傑の足幅は広い。
しかし、2人は市販モデルを履いて、常識を打ち破った。
履いた人から気づく、足幅の真実。
ナイキは、足幅を選ばない。"

https://www.nike.com/jp/t/ナイキ-ズームx-ヴェイパーフライ-ネクスト%-ランニングシューズ-Nv2mBJ

●まとめ
機能と感情どちらにも働きかける素晴らしいマーケティング
4%の次のモデルネクスト%が使われていたのですね。
殆どが新色のピンクを履いていたのはナイキのマーケティング戦略なのでしょうか(だから青学はノーコメントだった?)

さらに新モデルもあると言うことで、靴底の暑さなどに規制を設けないと、足の保護効果があるとは言え、ジャンピングシューズ化に拍車がかかりそう。各社真似し始めるでしょうし。

90年代のスピードスケート界における「フラップスケート」や、スキージャンプにおける「V字ジャンプ」の登場のようなイノベーションもありますが、2008年に登場し世界記録を連発するものの2010年に規制された水着「レーザー・レーサー(LZR Racer)」のように完全規制される可能性もあると思います。


現在の陸上競技のルール(日本陸上競技連盟の競技会一般規則)によると、

「競技の時靴を履く目的は、足の保護安定とグランドをしっかり踏みつけるためである。しかしながら、そのような靴は、使用者に不正な利益を与えるようないかなる技術的結合も含めて、競技者に不正な付加的助力を与えるものであってはならない。」
「走高跳と走幅跳における靴底の厚さは13 mm以内、走高跳の踵は 19 mm以内でなければならない。その他の種目における靴底と踵はどのような厚さでもさしつかえない。」
http://www.jaaf.or.jp/athlete/rule/pdf/14.pdf

とあります。このブレードがバネとみなされるとアウトになるかも。現在国際陸連の判断はグレー。
マラソンシューズは勝手に成熟した製品だと思っていましたが、改良を重ねてここまでの成果に繋げる同社の開発力と営業力が素晴らしいなと思います。
青学の原監督はアディダスとの契約があり、靴は契約に含まれていないとはいえ流石にナイキのシューズに対してコメントできない。ナイキはマラソンでもイノベーション起こしました。恐るべきマーケティング会社ですね
競泳で言うと、かつてSPEEDOが出して一世を風靡したレーザーレーサー(LZR Racer)みたいですね。こちらは2年ほどでFINA(国際水泳連盟)が公式大会での着用を禁止しましたが。さてNIKEの厚底はどうなるか?

旧モデルを昨年から使ってますが、素人の僕でも効果があるくらいだから、ドーピングに等しいような罪悪感すらあります。さらに今回は揃ってみんなが新色ピンクをはいて走ったり、とNikeのマーケティングは毎度のことながら、良い意味でエゲツないな〜と思いまず。
ナイキのシューズで結果が出るのであれば選手はナイキを履くのは当然の事です。サプリメントも用品も少しでも効果があると聞けば使ってしまいたくなるのが選手の心理です。

結果が出るシューズである以上はナイキの独占状態はしばらく続くのではないでしょうか。
プロ向けの機能性を磨くことを通して一般人の官能に訴えているのがおもしろい。スポーツ界で記録塗り替えの立役者となり、しかも有名な選手が着用していたら、ほしくなりますよね。真ピンクを出すのもうまいですね。

ナイキの上海の基幹店などを見ていると、スポーツとテクノロジーとファッションをうまく混ぜこぜにして、世界観を作っている感じがあります。イケてるライフスタイルブランド(という言い方がイケてないが笑)をうまく作り上げていると思います。
今年も区間記録が相次いで、青学の原監督も言ってた通り大学生全体の身体とトレーナー力が上がっていると感じます。シューズの改善も学生の力を底上げした要因の一つですね。
ナイキは本当に強いな。
製品のクオリティは高いし地域に合わせてローカライズしたきめ細かいマーケティングもできる。その上、本物のアスリートに愛用してもらえている→よってファンたちが購入。株価も上がり続けてますね。
ナイキ(Nike, Inc.)は、アメリカ合衆国・オレゴン州に本社を置くスニーカーやスポーツウェアなどスポーツ関連商品を扱う世界的企業。設立は1968年。ニューヨーク証券取引所に上場。 ウィキペディア
時価総額
23.0 兆円

業績