新着Pick
427Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
委員1人の北野さん良く存じ上げている、

彼は、ムーショットと基礎研究は違うという。
1960当時でも、月に行く理論的方法や、様々な技術はあった。
即ち、やれば出来そうな事なのだと言う。

例えば、AIにノーベル賞を取らす。
正確には、ノーベル賞級の発見を、やらせるとか
詳細には、内閣府の資料が上がっているので、
そちらを見ていただきたい。

https://www8.cao.go.jp/cstp/moonshot/index.html

その中で、印象深かったのは、人間の神経と
機械を直接つなぐプロジェクトである。

北野さん曰く、これを海外で発表したら、
こんなクレイジーな事をするのは、日本ぐらいだ
研究させて欲しいと言う、海外の研究者が殺到した
と言われていた。

娘にその話をすると、エバンゲリオンみたいですね。

現在様々な米国発のイノベーションが、映画に
着想を得た物だったりするのと、似ているのかも
知れない。

何となく、やりたいと言う人が沢山集まる理由が
分かった気がする。
以前、小林会長に三菱ケミカルホールディングスの経営について伺った際、
「公平な目で見て、経営というのはM&Aですよ」
「R&Dは、どれだけテーマを厳選しても、事業化できるのは1割以下。仮に事業化がうまくいっても、すぐに中国や韓国のメーカーにコストで負けてやられる」
「基礎的なR&Dは国の研究所や大学とコラボレーションしてオープンイノベーションで手掛けたほうが、アカデミアのほうもマーケットを意識して研究できるし、全体が活性化していいでしょう」
と話していただいたことがあります。

ご自身も研究者出身である小林会長が「R&DよりM&Aのほうが断然効率が良い。経営者にとってM&Aは必須のツール」と言い切っていらしたのが非常に印象深かったのですが、お話しなさっていた通り、国家レベルでは野心的な研究開発に取り組んでいらしていることを知り、改めて国と企業の役割のあり方を考えさせられます。
「ムーンショット」と聞くとGoogleを想起しますが、GAFAMの比較対象とすべきは民間企業ではなく、国家ということなのでしょう。

日本において国家プロジェクトと聞くと、必ずしもポジティブな印象は受けませんが、外野からのノイズやお役所からの介入をいかにして退けるかという運用面が重要になるんでしょうね。

6000億円分を撤退し1兆4500億円分を買収した三菱ケミカルホールディングス小林会長が語る「新陳代謝をどれだけ繰り返せるかが経営」
https://newspicks.com/news/3327075/?utm_campaign=np_urlshare&utm_medium=urlshare&invoker=np_urlshare_uid101617&utm_source=newspicks
1000億予算で新しい領域の研究を推進する内閣府のプロジェクト。どんどんやってほしい。失敗しても、学びがあればいいので、長期的な取り組みとして継続してほしいですね。

‘’国民の税金を使うわけだから、もちろん放任はできない。2〜3年に1回チェックはする。でも、チェックが行き過ぎれば、決まりきったテーマしか残らない

失敗してもいいんだ、とにかくトライしようと。国としての説明責任を果たしつつ、そういうチャレンジングなことをやるのは初めてです‘’
ムーンショット型研究開発制度に係るビジョナリー会議
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/moonshot/index.html

「1000億円」は総額ですか?確かに1桁足りない.
欧州では「Horizon 2020」が終わり,次の「Horizon Europe」が2021年から2027年まで走ろうとしている.7年間の総額は10兆円を超える.
米国は,DARPAだけ見ても,年間数千億円.
「AI イニシアチブ」
https://www.hpcwire.jp/archives/19081
「国家量子イニシアチブ法」(5年で1300億円)
https://www.technologyreview.jp/nl/president-trump-has-signed-a-1-2-billon-law-to-boost-us-quantum-tech/

これまでの重点領域研究,戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)との違いは? 別に違っていなくても良いのですが,いつも国主導のプログラムを立ち上げる時,同じことを議論していますね.メンツや技術の固有名詞は変化していますが,議論の内容は同じ.例えば,会議の議事録をコピペしても気が付かないと思う.それが別に悪いことではありません.規模を拡大,領域を変えて繰り返すことは重要です.
総花的な印象だが,要は予算の使い方次第か.明確かつ挑戦的な目標に対してコンペ的な競争原理の取り入れ.脱落・失敗しても批判はなし.予測外への波及はある.
国際連携が見えてこない.これは国家間の競争で,日本ドメスティックで閉じるのか.米国・中国はその傾向が強いが,欧州は国際的な共同研究の枠組みをうまく取り入れている.
Amazonの2017年の研究開発費は約2.7兆円。5年で1,000億円と聞くと少なく感じるが、それでもやらないよりは良い。
確かに日本は制度的な老朽化が進んでいます。デジタル化できるところはいくらでもあるのに遅々として進まない。社会を構成するひとりひとりの教育レベルを上げる必要があることは否めません。

しかし、全員が数学者になったとしたら、どんな社会になるのでしょうか。超絶デジタル化の未来には人間味あふれる社会が待っているのでしょうか。そこをしっかり議論してほしいと思いました。
"そろそろ日本も「もう少し本質的なところに目を向けてくれよ」という気がします"
怒ってますね。みんな怒っていますが、国民全体の怒りになっていない。誰かが何かをしてくれると思っている。そんな感じがします
日本の課題が、凝縮・整理された良質なインタビュー。

日本の研究開発をよりイノベーティブにすることに加えて

日本・日本企業・日本の研究者が、
どうやったらイノベーションをグローバルで事業化できるようになれるかが
もう一つの本質的な課題。
大きい視点で日本のイノベーションを見ている。
日本の経営者はこのような経営視点を持っている人が少ないのではないか。
すごい記事を読んだ。
PDの選抜と、本当にそこに自由度を持たせられるかに注目したいと思います。結局、役所側から見ると便利な予算の箱になってしまわないか。
PDにあれこれ説明して、財務省も説得しておきましたからこの事業も、なんて話は容易に想像できます。

もちろん、PDはじめ研究チーム(の一部)の思い込みであらぬ方向にいってしまわないように外部の知恵、知見を柔軟に取り入れる仕組みも必要で、その一部に役人や政治家の意見もあって然るべきなのですが、要はガバナンス、ですよね。その意味でも+1の役割は大事です。

私も東京大学の研究現場に出向していろいろと見えてきたこともありますし、役人出身だからこその貢献もできているとは思います(受託研究の事務や評価が不親切なことの裏表ではありますが…)。霞が関であれこれ考えるより、若手がムーンショット研究をする側の現場で汗をかくような形で関わる方が健全かもしれません。
この連載について
東京五輪とともに、日本の2020年代が幕を開ける。これからの10年は、どんな時代になるのか。各分野のトップ経営者や有識者が大胆に予測する。

業績