新着Pick
37Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
北海道大・鈴木一人先生がきれいに「補助線」を引いてくれました。
イランに対して「弱腰」と見られないため、というのは、殺害の発表で「トランプ大統領の指示」とわざわざ強調していたこととも平仄が合います。
これを読むといかにヤバイ人に手を出してしまったかがよくわかりますね…

"ソレイマニは国内外で高く評価され、イランの最高指導者や大統領は知らなくてもソレイマニの名前は知っているという人が中東でもアメリカでも多数いる。そうしたカリスマ的な存在であり、かつ有能な野戦司令官であり、イラクやレバノンにおける政治的な影響力も持つ、中東における巨人であり、アメリカから見れば目の敵となる存在であった。"
分かりやすい良記事です!有難うございます!

▶︎ クッズ部隊のソレイマニはイランでは英雄的な司令官。
▶︎ いつでも攻撃できる状態ではあったが、反撃がエスカレーションすることを恐れて、実行していなかったと考えられる。
▶︎ トランプさんとしては、11月の選挙に向けて、前政権が出来なかったことを実行することと、中東への強硬な姿勢をアピール。
▶︎ 2001年からの「テロリストに対する武力行使権限(Authorization for Use of Military Force against Terrorist: AUMF)」が採択されたままのため、議会承認無しで武力攻撃ができた。
さすがの論考。