新着Pick
178Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
仕事にプライオリティをつけて「やらないこと」「やめること」を決めない限り、業務に押しつぶされてしまう。 本当にすべきことと「nice to have」の違いを真剣に考えて欲しい。 
管理職だけでなく全ての人に必要。
結局、働き方改革が企業の人件費削減にうまく利用されてしまっているということでしょう。
経営者仲間、管理職仲間に聞くと、「働き方改革」の実態は「働かせない改革」であり、会社や自分自身は厳しくなったという声も数多くあります。過剰な残業などの悪癖ほもちろん取り締まるべきですし、女性の社会進出はサポートすべきですが、やりがいをもって働きたい若い人、国際競争に晒されている業界、人手不足の業界には、もっと柔軟な対応も必要なのではないか? 加えて、残業代が減って生活が厳しくなる労働者がいる一方で人手不足という。要するに国全体でワークシェアリングが外国人も含めて行われているとも思える。その是非も検証すべきです。
「管理職の残業が減らない=働き方改革の影皺寄せ」という方程式で語るのには違和感がある。
何故なら、もし同じ時間でも、管理職がより多いアウトプット(業務成果)を出していれば「改革」が進んでいるから。
労働時間の短縮より、労働生産性で見極めるのが本来の姿でしょう。

本来の働き方改革は当然管理職も含むし、そこに皺寄せが来ているとすれば、それは「労働生産性を高める仕組み」の問題。
テレワーク、モバイル機器の貸与拡大、業務プロセスの見直しなど、様々な手を打たずに単に時短を目指せば、単なる「働かない改革」となる。
ちなみに厚労省が求める残業時間の帳票記録も、既に管理システムの中にあるデータを別リスト化しなければならない二重仕事です。

また気になるのは「海外では」という表現。
日本企業の低い労働生産性の背景は、曖昧さを恐れ徹底した資料を作る、意思決定を多分に集団に委ねる、集団でのコンセンサス形式(会議)に時間をかけ過ぎる、など民族性によるところが多分にあるが、「海外(=日本以外)は全てこう」と言い切るのはかなり乱暴でしょう。 海外企業でも、日本企業以上に採用制限などの人事管理を徹底的にやっている欧米系企業は多々あるし、特に「プレイイングマネージャー」に関しては、日本企業以上に徹底しているケースはいくらでもある。

日本の管理職の問題は逆に「プレイ(実務)」をせず「マネジメント(管理)」だけが自分の仕事だと思っている人が、特に大企業に多い事では無いでしょうか?
これは管理職をスペシャリストではなくジェネラリストとして育てて来た事も一要因だし、「決める」事ができない「人の管理ができない」人を年功序列で上げたケースもあるでしょう。
過剰な管理や進まない部下への権限移譲は、労働生産性を下げるばかりでなく、不必要な社内レポートや無駄な追加業務を生み出します。
はっきり言って、「プレイ」が出来ずに管理職となってるマネージャーは組織の盲腸だし、組織の生産性を下げる一大要因です。
しかも大半の場合、仕事自体がおもしろくない。
これが一番の問題。
中間管理職の現状課題の一側面がわかりやすくまとめられていると思います。
プレイングマネージャーは本業とマネジメントに加えて教育、穴埋め、雑務、数字的責任がかかる反面、そうした負荷を部下にかけないようにするという上のプレッシャーと心理的バイアスもかかるもの。今は労働市場は売り手優位ですから、簡単に辞めていってしまう。なかなかに厳しい立ち位置と言えるでしょう。
彼らにマネジメント力をつけさせる流れは間違っていませんが、別視点で個人的に思う対策の一つとして、部下たちの社会人基礎力を上げることやエンゲージメントを高めることだと思います。しかし、ここすら中間管理職が担わざるを得ないというのが厳しいものがあると言えます。
責任がある分待遇も見合うならばまだしも、そこが伴わないとジリ貧です。
今後は、ハケンの品格ではないですが、コストはかかっても中間管理職を下支えするフリーのエキスパートプレイヤーを入れていく市場ができそうな気がします。
働き方改革で上手くいく人は
その前の時代でも、後の時代でも上手くいく。

結果、普通の人にも不利益がいく
流れになっているのが働き方改革。

自分で自分を強化していかなければならない。
そういう時代。
本当にやらなければならない仕事とやった方が良い仕事の優先順位づけ、優先順位が低い仕事をやめる決断ができないことが大きいように感じます。
働き方を改革するのは、教育や支援ではないでしょうか。

仕事はある。
仕事の自動化は進められている。
一人一人の力は限られている。
であれば、一人一人の力を上げるか、一人一人の力が上がるようなお膳立てをしてあげるだと思います。

よく地位に合った仕事をする人がいます。
役員であれば相手にするのは部長で、個別の業務は見ず、仕事だけ振って定時退社。

でも、その仕事がかつて自分が通ってきた道であれば教えてあげた方が早いですし、過去の経験を改めて部下が経験せずとも良く、新たな経験をさせてあげる方が良いと思います。

また、顧客との折衝を何度も重ねさせるより、自分が出れば1回の折衝で決するのであれば、そのようなお膳立てをしてあげれば良いと思います。

管理職が働き方改革の犠牲になるのではなく、管理職のあり方を考え直すことから始めるのが働き方改革だと思います。
株式会社フジ・メディア・ホールディングス(英語: FUJI MEDIA HOLDINGS, INC.)は、日本のメディア・コングロマリットであるフジサンケイグループの事業を統括する持株会社であり、日本で初めての認定放送持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
3,304 億円

業績