新着Pick
186Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
どのマーケットを対象にするかで、予算規模は大きく変わる。
「制作費でいうと、ネットフリックスは年間1兆円以上です。ハリウッド映画は1本約400億円にもなります。米国だと2時間ドラマに200億円使うこともあります。日本のテレビ局は年間制作費が700億~800億円で、規模がまったく違うのです」
ネトフリとディズニーのコンテンツは競合せず、ネトフリとアマゾンの会員ビジネスも獲得の仕組みに違いがあり…乱立に見える動画配信サービスも、ライバルというよりは棲み分けの関係なのかもしれません。
地上波が圧倒的に強い日本のマーケットは特殊でしょう。とはいえ外資のプラットフォーム勢も徐々にシェアを取り始めている感もある。
すみわけがおきてくる中で、自社のターゲット顧客を引き付けるコンテンツができるかどうか、ということですかね。

日本の地上波は完全に高齢者シフト。ちゃんとわかっているとも見える。
米国での印象ですが、Disney+が典型的な例ですが、これまで、ひとつのコンテンツは「複数のサービス」で観ることができたのですが、最近は、だんだんと「囲い込み」の傾向が強くなってきていて、「◯◯でしか観られない」というケースが多くなっている気がします。

そうなると「観たいコンテンツがあるサービス」を選定するようになるので、映画、ドラマまたは、オリジナルコンテンツで、視聴者が観たいものを多く持っているサービスが勝者になりますね。

非英語圏、例えば、日本語字幕対応といったことになると、また話は別となります。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
地方テレビ局はチャンス。地元に眠る資産を魅力を引き出していかねば。

業績

アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer, Inc.)から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
156 兆円

業績