新着Pick
424Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2020年代は日本のものづくりにとって、「面白い」時代になるかと思っています。
「モノからコトへ」、つまり利益の源泉が、製品販売から、売った後のサービスにシフトする。それは間違いないメガトレンドだと思います。
であるが故、愚直なものづくりを続けるプレーヤーが増えず、逆に希少になる可能性があるかと思います。

特に海外では、いきなりデジタル技術が普及する「リープフロッグ現象」もあり、ハードウエアを飛び越えて、ソフトやサービスに飛躍する現象が起きています。中国やインドしかり、今後はアフリカでもそうした傾向が強まる見通しです。
(https://newspicks.com/news/4452309?ref=search&ref_q=5g&ref_t=top)

そんな中、時代に取り残された日本。逆に黒電話からガラケー、スマホと漸進的な進化で身に付けた愚直さがあるかと思います。
ある意味、取捨選択を大胆に進める欧米企業も、リープフロッグでいきなり5Gに行き着く新興国も出てくる中、皆がソフトに集中する。そうなると、ものづくりは置き去りにされて供給者が希少になるので、逆に「稼げる」。そんな可能性もゼロではないかと思っています。
いぶし銀のインタビュー。製造条件とか、素材の調整とか、設計とかすべてが密接に絡んで部品を作っている。部品メーカーは通常は購入部材を組み合わせて作ることが多い中で、村田製作所は自社で材料技術も含めて作り上げてしまうので、それが原価低減もできて、競争力や利益率を確保する源泉になっていますよ、と。
これね、簡単に言うけど、地味で派手さが無いからこそ、追いつくのが難しい差別化戦略なんですね。プロセスでの調整は特に装置を買うだけでは他社が真似できないのでターンキーというわけにもいかない。優秀な生産技術者をたくさん抱え込まないとできないのね。

日本の製造の原点は「ものづくり」と囃し立てられてきた中で本当にその意味を理解して、円高が続く中でも製造や設計や開発を日本国内でじっくり取り組めた会社は少ない。特に付加価値が何かを理解できなかった電機の完成品メーカーは次々と付加価値を取り込むのではなく、EMSに外出しすることで固定費を下げた。

村田製作所などの部品メーカーや材料メーカーでもこうした時間のかかるアプローチというのは収益構造に余裕があるときでなければ仕込めない。電池事業の減損も将来への仕込みだろう。減損しておいて身軽になっておかなければいけないと思ったのだと思う。ソニーの電池事業はスマホ向け電池で一定のシェアを持っていたわけだが、既にノウハウが社外にも出てしまっている競争が激しいそうした事業では頑張らないと決めたのではないか。ウェアラブルなどに注力という方針もその一環と思われる。

追記
村田製作所ほどモバイルも車載もAppleも三星も中国も欧州もすべてのセットのトレンドを把握しやすい部品メーカーはないのではないか。マーケティングは優秀だし、常に最新の動向を理解して行動しているので打つ手が早く、ほかのメーカーが気が付くよりもはるか手前でアクションをおこなっていることが多い。
5G時代に先駆けてプライマテックを買収したアプローチなどがまさに代表的な事例。
電池は、苦戦している印象だったが、記事の内容を読む限りでは不明だった。村田のM&Aも、うまくいっているのと、そうでないのがある。
大前提として、電子部品および電子部品を利用する電子機器は、価格下落によって需要を喚起して拡大してきた産業。ものすごくシンプルに考えると、20年前のPCを今も同一の価格ではだれも買わない。そういう製品である。
そのなかで、電子部品については価格も重要な一方で、価格以外でも色々な要件がある。品質や独自性によって最終製品を差別化できるか。あとは供給力も求められる(何かが足りなければ最終製品が作れない)し、車載とかであれば耐久性などもある。
小型化についても、小型になるほど原材料は物理的には少なくなる。ただ製造する際のプロセスコストはかかる。顧客に提供できる価値は「軽薄短小」で同一スペースでより高機能化できるが、実装コストなどがかかる場合も少なくない。それでも高機能によって他社と差別化するフラッグシップモデルとかは高いものでも搭載する。これらの要件のトレードオフ。
「マーケットインだけじゃない、時に技術先行が市場を創る」という姿勢が面白いですね。時間がかかるし儲かるか分からない開発を、上場会社として継続するには、ポートフォリオ管理と個別事業評価の妙が求められますが、どうなっているのか気になります。少なくとも創業当初からそういう理念が根付いていなければ実現出来ないですね。
「今後も、そのようなものづくりの方向性を強化していきたいなと思っています。つまり、積層技術のような村田の強みを、ほかの製品にも広く応用できるのではないかと考えています。まだまだ成果が出るまでには時間が必要ですが。」

この言葉はトップとしてとても大切な発言と思う。
つまり、自社のコア・コンピタンスを最終製品に拘らず生かして、様々な市場へ参入する、ということであろう。本来、コア・コンピタンス論はそういう議論だった。
そして成果までの時間も考慮している。
コアを定め、そのための時間を確保して、資源配分をしていく。これは基本のようでいて、なかなかできる企業は少ない。
経営戦略としてのイノベーション推進はこうしたことからではなかろうか。
部品の大量製造に特化して売上1.5兆円に成長。完全なBtoB。川上産業。

一方、川下側で、モノからコトへビジネスモデルの転換が進む中で、BtoCにどうやって絡んでそれを深堀するのか。それを進める鍵が、製造のデジタル化、スマートファクトリー化だという示唆があるように思えました。

川上側の錬金術にこだわり続けながらも、サプライチェーン全体に絡んで行かないと、次の10年のその後は危ういかもしれない。

『日本の強みの一つとして、素材技術の裾野が広いことが挙げられます。そこから、いろんなイノベーションを出てくると、我々もそれを活用できるメリットがあると思いますね。

もう一つは、日本人はものづくりの創意工夫に対する執着心が強いことです。スマートファクトリー化というのも、実は日本が得意な分野じゃないかな。』
世の中にないものを出し続ける
ここに尽きるのですね。

小型化の力と、
みせる力も
ムラタセイサク君からチアリーディング、こちらも
なにか次の観せ方で、ソニーの例のようなことを
引き起こし続けてほしいです。
オーナー会社であることも大きいように感じます。
この連載について
東京五輪とともに、日本の2020年代が幕を開ける。これからの10年は、どんな時代になるのか。各分野のトップ経営者や有識者が大胆に予測する。
株式会社村田製作所(むらたせいさくしょ、英語: Murata Manufacturing Co., Ltd.)は、京都府長岡京市に本社を置く電子部品メーカー。電子部品を主力とする企業では世界トップクラスに位置している。TOPIX Core30およびJPX日経インデックス400の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
5.76 兆円

業績

業績