新着Pick

人生100年を生きるため学ぶべき教養とは何か

PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
796Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
あー
元旦にこの記事を最初に読めたのは嬉しいです!

私はいつも「私の選択は合っていたのだろうか?」と悩みます。どの時代でも、いつも。

選手引退後に企業に勤めた時も、
休職してアメリカ行った時も、
リベラルアーツのカトリックのカレッジの大学院に行くことを決めた時も、
そして最も最近は、スポーツ科学でもなく、心理学でもなく、システムデザインマネジメント研究科の博士課程に通い始めた時。

あまりに異分野すぎてないだろうか?と。

でもこの記事のなかにあることは、自分の人生の節目ごとにつくづく感じたこと。

こういう記事ホッとします。
ありがたいです。

最後に書いてある5箇条は下記。
「I don’t know」は確かに言わないですよね。
The reason why I want to say I don’t know is....ってことなわけで。
あと、「基本的にわかり合えないと覚悟」も大好き。
そもそも夫はフランス人!
基本的にわかり合えないと覚悟することは最大の愛でありリスペクトであり、だからこそ心情は「わかり合いたい」だからです。
皆さま明けましておめでとうございます。

異分野の人と建設的に交流するための5カ条
●さまざまな分野に関心を持つ
●相手の考えを尊重し耳を傾ける
●「私はわからない」は禁句
●基本的にわかり合えないと覚悟
●共通の目標を明確にする
自分の頭で考えるのは当たり前。

「自分の」なんて言うまでもなく、考えるのは自分。そして考えたことに自信を持つ。

「なぜ?」「どうして?」を徹底敵に考える思考習慣があるからこそ、自分とは違う価値観や考えを持つ人と建設的な話ができる。

既存の枠や分野を超えた柔軟な思考や思想で、真の教養を養いたいですね。
柔軟に幅広く考える力を身につけよう、という普遍的な話

異分野の人と建設的に交流するための5カ条
●さまざまな分野に関心を持つ
●相手の考えを尊重し耳を傾ける
●「私はわからない」は禁句
●基本的にわかり合えないと覚悟
●共通の目標を明確にする

とのこと。

人によって当たり前の基準が全く異なる。特に当たり前の基準が多様化しているように思う。特に世代間のギャップは大きい。自分とは違うということを受け入れて、新しい価値観を養う。

考える力には深さがあると思っていて、どの深度で考えることが出来るか、これは考える習慣を身につけることで訓練できると思う

目的と手段を明確にする。学校にいく、会社に行く、お金を稼ぐ、結婚する、子供を作る、すべてが手段であり、その目的はなにか?全ての判断で目的を明確にしていく。そうすると、大体のことを即決できるようになっていき、軸がはっきりするとともに、判断のスピードが格段に向上する

教養は何より大事ですね
これから先、生きていく上で、最も大事なことかも…。
記事を読んでみて、当たり前のように思えて、
実践できていない自分を改めて認識することができると思う。

どの組織においても、"多様性の活用"を謳っているが、
本当の意味合いを理解しているだろうか…?

自然と同質の人間だけで仕事していることに気がつくはず。
その中では、革新的な取組みなんて生まれないし、
単に言っているだけの"お飾り"的なものになってしまう。

異質なものを理解することは、自分の殻を破る
良いキッカケになると思う。今年こそ…と思った人に、
この内容を一つずつ実践してみることを勧めたいと思う。

It is time to think out of the box with others ‼️
インプットとアウトプットを切り分けずに習慣化することが重要だと思う。正答を導き出すことに慣らされているとアウトプットを躊躇するのは仕方ないかもしれないが、各所で歪みが生じている現実を認識すれば、臆することなどないと割り切れる。
確かに日本では、教養というと何か知識の比べあいのようなイメージがあり、それがなんだか「鼻につく」というところがありますね。

私が考える教養とは「広い知識と経験から得られる将来への知恵」です。それらを文化の枠を超えて交流させると、さらに新しい知恵が生まれます。昨年参加した国際会議でも、パーティーの際の会話で、「日本人はそう考えるのか?」という声が聞かれました。

とはいえ、教養を身に着けるにはやはり基本的な知識があったほうがいいわけで、それには高校レベルの歴史(日本史、世界史)、哲学(倫理かな)、数学の素養が望ましいと思います。これまでの経験でも、高校レベルの知識と情報は、ビジネス教養としては十分に高いレベルだといえます。
でも何が分からないかをちゃんと分かっていることは大事。

そして常にこれ。

The more you know, the more you realize how little you know.
思考する力として、自分がどうしてこのように感じるのかという内省が含まれているのが興味深いです。

コミュニケーション能力とは「自分と違う分野の人の考えを尊重しながら建設的に議論し、成果を生み出すことができる力。」様々な意見、相手の視点を尊重しながら、自分の目標を見据える力の必要性を感じます。
教養やリベラルアーツといった言葉が先行し、中高時代の歴史や理科を学び直してみたり…。それはそれで意味があることとは感じますがなんとなく違和感があった中でこの記事はスッキリと入ってきました。

様々な分野が交差して新たな価値が生まれる時代。一つの専門分野では価値が出しにくく越境やコネクトのニーズがあります。最後のまとめは基本的ながら重要な心構えですね。

以下引用

異分野の人と建設的に交流するための5カ条
●さまざまな分野に関心を持つ
●相手の考えを尊重し耳を傾ける
●「私はわからない」は禁句
●基本的にわかり合えないと覚悟
●共通の目標を明確にする
自分で考え自分なりの答えを出すことが、教養につながると思います。

そういった意味ではNewspicks で自分の考えをコメントしたり他の方の考えを読ませていただくことに意味があると考えています。