新着Pick

人は1年間で何ができるかを過大評価している(みんなやりすぎ!)

ライフハッカー[日本版]
大半の人が自分が1年間で何ができるかを過大評価しています。長期的視野を持って「やりたいことをやり遂げるためのアドバイス」をお届けします。
226Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
米国の大学院生たちでしたっけ、論文完成までに必要な日数を見積もらせたそうです。

ところが、実際にかかった日数はその2倍ちかくだったとか。

これを「プランニングの誤謬」と言います。
人間は、将来の時間が実際よりたくさんあると誤解してしまうものだそうです。

計画倒れの経験って、誰にでもあるでしょ。

通常は、考えているより2倍の時間がかかると考えるべきだと言われています。

拙著「最強の勉強法」でご紹介したように、残り日数でこなすことのできる課題を時間換算していくと、悲しいくらい残り日数が少ないことに気づくものです。
「処分可能時間」は驚くほど少ないので、やるべきことを絞り込まざるを得ません。

正月や4月は、将来の見積もりが更に甘くなりがちです。

優先順位の高いものだけを実現すれば上出来です。
ノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネマン教授も著書「スロー&ファスト」で、イスラエルの教育関連プロジェクトを例に挙げて指摘していましたね。あらゆるプロジェクトで常に予算は低く、期間は短く見積もるのが人間の常だと。
逆説的な考え方かもしれませんが…、少し甘いのでは?と個人的に思う。一年は、52週間という週単位、および、ワーキングデイとして考えると、そんなに時間は無いと思える。
更に、年末年始、夏季休暇、慶弔関係、家族行事など休むことを考えると…、"やりたいこと"に割ける時間は本当に無い。

しかも、体調が毎日万全な状態で…という前提なんてあり得ないですよね。この前提をもって、一年をどのように過ごすかが大事な視点かと。

私の場合、外資系企業で長年働いてきたためか、一年を9ヶ月で見立てて、ビジネス成果を生み出すことが当たり前になりました。残りの3ヶ月は、事業計画の諸々な調整の期間として費されることが多いため、一年を普通に12ヶ月で見積もっていると痛い目に合います、間違いなく。もちろん、この間も先を見据えて仕事してます…。しかも、日本人以外は、当たり前のように、
長期休暇を取得して、しっかり成果を出します。

時間は"有限"であり、思い描いた通りにいかないものとして
過ごす視点は、日本人に必要だと思う。時間は、無限ではなく、"成果を生み出すため"に必要なリソースの一部として、考えないと、大きな目標も、小さな目標も達成できないと思う…。
これは、確かに、そうかもしれないと思います。

(記事中から引用)
「大半の人が、自分が1年間で何ができるかを過大評価しているのです。逆に、10年間でできることは過小評価しています。」

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
アメリカ東海岸はまだ新年を迎えていないので、この記事を読んでいる今は12月31日の夕方です。種まき仕事が多かったことや、家の引っ越し、母の介護と、なんとなく色々やりすぎてしまった感のある今年。年末どっと疲れがでて寝てばかりの自分への戒めのような記事でした(苦笑&反省)

来年は引っ越しも一段落するし、母もとりあえずは安心できる場所に預けられたしで、仕事に関してはもう少しターゲットを絞ったことを完成させることに注力を注ぎたいと思います。
大半の人が、自分が1年間で何ができるかを過大評価しているのです。逆に、10年間でできることは過小評価しています。



これはその通りかもしれない。



私は「今年の」目標は立てない派。立てるのはいつも「これからの」目標。
目標は常に変わるので「年」で切らないようにしたいと思ってる。
半分同意、半分?、です。

確かに、マルチで食い散らかすように手を出すと身につかないなど、ありますが。

ただ、ひとつの事に10年かけていたら、それが今のテクノロジーの話しなら、進化させつつ学ばない限り、10年前の内容なんて化石レベルになることも。

時間をかけるかどうか、ではなく、自身の興味と時に必要性に応じて、都度、可処分時間を使う方が良いように思います。
人それぞれだと思います。
事業や会社を立ち上げる時も、同じことが言えそうです。短期で過大評価して、長期で過小評価する。それで挫折する。
関連記事一覧
なぜ人は「飽きる」のか?そのメカニズムに関する研究…「飽きない」ための4つの方法
ビジネスジャーナル
307Picks

「自分語り」ばかりする人がウザがられるワケ
PHPオンライン 衆知|PHP研究所
106Picks

上から目線、やたらとダメ出しする人ほど「考えない人」が多い理由 - News&Analysis
Diamond Online
66Picks

「場所を変えたら正当な評価を得られた」沖縄の''青い魚''がアジアで売れる理由
gyoppy.yahoo.co.jp
56Picks

米国人の大学教育に対する評価、ここ6年で大幅に低下
Forbes JAPAN
34Picks

完全実力主義。検定試験と現場社員の声を生かした評価制度で明確な指標を示す 「20代成長環境」1位/ジンズ【ファッション業界 働きがいのある企業ランキング】
WWD JAPAN.com
23Picks

旅先で写真ばかり撮っている人は、旅の醍醐味をわかっていない - 出口治明さんがカメラを捨てた理由
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
11Picks

人の輝きと画期的ビジネスモデルで世界を照らす
The Leaders
9Picks

同じ成果を上げたのに、自分だけ評価されないのはなぜか - イノベーション的発想を磨く
Diamond Online
9Picks

「愛する人に看取られて安楽死できたら、やっと幸せになれる」 | 元パラリンピック金メダリストが自ら選んだ「死の瞬間」
クーリエ・ジャポン
7Picks