新着Pick
849Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
私の郷里の伊勢市は「山田」だったんですね~。

それで、近鉄の駅名は「宇治山田駅」。

「伊勢市駅」と歩いて10分くらいの距離に「宇治山田駅」があって、両方の駅に特急がとまるのが、外から来た人にとっては珍しいようです。
面白いですし、昔に想いを馳せて空想するには最高ですね。
これを見た瞬間に、関ヶ原の戦いの西軍、東軍の配置と、西軍が負けた後の大名達の逃走経路を重ねてしまいました❗️
昔の人は歩いて移動したんですよね。
気候が良い時期に、どこか歩いてみたくなりますね。
江戸バージョンも素晴らしい。東京湾が明らかに広い。家康以前と以後で南関東はかなり治水と埋め立てがされて関東平野をさらに広く使えるようになりました
大晦日もあとわずかでおわりますが、貨幣経済の人々にもたらした影響を西鶴の日本永代蔵を読んでみると、大晦日と貨幣経済のおもしろさがみえてきます。
でもマップもこうやってあるとなお臨場感というか、そうか、この場所で!的なイメージもわいてなお楽しいですね。
面白かったのでピックしました。いいなあ。
これを「Google Maps風」ではなく、何故、「Google Mapsの拡張版」としてGoogleに提案して、買ってもらわないのでしょう?

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
真ん中あたりに伏見があり、
鳥羽・伏見の戦い1868を思い浮かべました
1840の関西というと適塾、大塩平八郎の乱といったところでしょうか。
京都を中心に街道が走っているのが見て取れて、
かなり嬉しい地図です。
解像度あげたバージョン期待したいです。
ちゃんと巨椋池がある
意外と今の地名と変わっていない土地が多いのが印象的。Google Map上のクリックひとつで時代を遡った地図や地名を出せると面白いですね。小中学生から大人まで勉強できるツールになるし、そこから名所案内や人の呼び込みも出来そう。
伊能忠敬もびっくり
Premiumを無料で体験
登録・ログイン