新着Pick
69Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
高評価で何よりです。
秋山選手は打撃も守備も走塁も良いですし、守備位置も外野です。

一方、広島の菊池選手は守備は良いですが打撃はそこまで良くないですし、守備位置も内野です。
日本人で内野手で成功した例はないです。

ヤクルトの山田選手は、打撃も走塁も良く、守備も良くなってきました。
しかし、残念ながら、大リーグの内野では通用しない可能性が高く、国内に残ると思われます。
打撃も守備も走塁も良い、巨人の坂本選手もFAで海外に行かないのは、巨人の環境が良いのと、
腰痛のせいもあるでしょうし、更に、内野手だからでしょう。

秋山選手はイチロー選手のように活躍してもらいたいですし、その可能性はあると思います。
2019年の年俸(推定2.4億円)から2倍ちょいでMLBへ。

しかも、いきなり平均年俸越えの良い契約ですね!

在籍3年後には調停権を獲得できますし、
そうすれば10億円越え確実でしょうね。

まずは怪我なく、チームにフィットして欲しいです。
秋山選手への評価の高さが伺える契約内容。打って、走って、守れる外野手は、メジャーでもきっと通用するはず!
思いのほか高評価。
    
でも、スプリング・キャンプから結果を残さないと、レギュラーは約束されない状況だと思います。
     
最近の日本人野手は活躍できていないので、秋山選手には、ぜひ、期待したいです。
秋山選手がシンシナティ・レッズと契約になりそうだ。評価も3年契約ながら、年俸では西武を上回る評価。複数球団が獲得の意向を示していたが条件面でレッズになった模様。現在31歳の秋山選手なのでいまが一番脂の乗った時期。外野手は守備にそれほど不安もなく、動くボールへの対応さえできれば必ず活躍できるはず、秋山選手はバッティングでも問題はないと思うので1年目から活躍を期待したい。
おー、結構大型の契約。素晴らしい。レッズだと、ダルビッシュと対決があるのも楽しみ!
野手としての秋山選手、是非メジャーで頑張って欲しい。
東京五輪出場は難しくなりましたが、筒香選手共々、是非とも活躍を期待します。
西武から海外フリーエージェント(FA)でメジャー入りを目指す秋山翔吾外野手(31)が、レッズと基本合意したそうです。
「出来高含め3年総額1500万ドル(約16億5000万円)以上の大型契約になる見込み」
株式会社西武ホールディングス(せいぶホールディングス、Seibu Holdings Inc.)は、西武鉄道やプリンスホテル、及び埼玉西武ライオンズ等を傘下に持つ、西武グループの持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
3,277 億円

業績