新着Pick
156Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
リスクが山積みなのは確かですが、そうした中でも景気が緩やかに拡大しているのは事実ですから、いたずらに悲観的になるのではなく、チャンスを探し出す姿勢が大事だと思います。
野田首相の近いうち解散までは、外国人投資家が民主党政権のアンチビジネス政策に呆れ、日本株のポジションを落としたため、海外の株が上がるのに日本株は下がっていました。いわゆるジャパンパッシングです。
しかし、アベノミクスの大胆な金融緩和期待で外国人投資家が日本株を持たないリスクを意識したことがきっかけで、日本株と外株の連動性が高まりました。
これだけでも、アベノミクスの成果はあったと言えるでしょう。
海外投資家が呆れることよりも、この国内外の経済情勢下にあって増税を実施する等に対して、少なくない日本国民が呆れてしまっていることのほうを気にしたほうが良いのでは。
長期にわたる金融緩和政策は、この記事にあるように言わば麻薬のようなもの。一時的な痛み止めにしかすぎず、処方箋を誤ると副作用が怖い。鍵は金融緩和と同時に傷みを伴う抜本的な構造改革が行われたか。機関投資家が最も注目するのはアベノミックスの第三の矢の構造改革であったはず。残念ながら今のところ第三の矢が期待通り飛んだと見る投資家はあまり多くはなさそう。
記事に刺激されてちょっとエゲツナイたとえで景気の流れを捉えると・・・ f^^;
「機動的な財政支出の拡大」に使う政府の借金は、将来の税収の先食いです。国債を大量に買い金利をマイナスにまで下げる「異次元の金融緩和」でそれを助ける日銀は、そういう政府への応援団。応援歌でハイになってGDPという名のご馳走を借金で積み上げて盛り上がればその時は楽しいけれど、どこかで必ずツケが回って来ます。
借金による財政支出と緩めるばかりの金融政策は麻薬と似たところがあって、一旦使い始めると、景気減速という禁断症状が出るので止めることが難しい。しかも、量を増やし続けなければ効果は次第に落ちて来ます。
アベノミクスの最初で政府は10兆円規模の補正予算を組んで公共事業を大きく積み上げました。その後も対策に次ぐ対策で高い水準を保っていますが、前年対比で公共事業が大きく増えたのはアベノミクスの最初です。日銀もドル円相場を80円から120円台まで持って行くほどの黒田バズーカを最初のところで2度放ちましたが、その後は緩和姿勢を続けるだけで、麻薬の増量は見られません。「アベノミクスの賞味期限がほんの4年で来てしまった」とありますが、財政支出も金融緩和も高水準を維持するだけで増量していませんから、効果が次第に落ちて来るのは当然です。
オリンピック後を見据えて今回政府は大型の景気対策を打ちました。起死回生の麻薬の増量です。その後に大阪万博も控えています。麻薬を増やすことは未だできるでしょう、たぶん。「再来年が最も怖い年になりそう」かどうかは分かりませんが「経済対策をずっとふかし続けるのは難しい」ことは確かです。麻薬が限界に達して力尽きたとき「日本経済の本当の勝負どころ」がやって来る (^_-)-☆
アベノミクス、アベノミクスというが、アベノミクスの新三本の矢を認識してる人がどれだけいるだろう。金融緩和、財政出動、成長戦略じゃないぞ。新3本の矢の具体的数値目標は、GDP600兆円、出生率1.8、介護離職ゼロだ。GDP以外は、目標に全然達しないから、政府もあまりアピールしないこともあるが、国民に浸透しているとは思えない。
こういうタイトルの記事はまともに取りあっちゃいけない。
帝人株式会社(ていじん、英:Teijin Limited)は、本店、本社を大阪市北区に置く、日本の大手繊維事業者。帝人グループの中核企業であり、事業持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
3,308 億円

業績