新着Pick
16Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
地球温暖化による気象への影響は、気温が上がるのはそうなのですが、せいぜい平均気温で何度という世界であり、それだけでは劇的な異常気象を招くというものではありません。
ところが、雨(=水蒸気)については顕著な影響がでます。たとえば、台風が発達する目安とされる27℃の空気が含むことのできる水蒸気は1立方メートルあたり25.7gです。気温が1℃上昇して28℃になると、これが27.2gとなり、およそ6%増える計算です。気温はたかだか1℃でも、雨が6%増えてしまうわけです。しかも水蒸気量は気温と共に指数的に増加しますので、気温が上がるとさらに雨が増えます。
大陸の内側では海がないため、単純に雨が増えるという話にはなりにくいですが、日本付近は暖かい海に囲まれており温暖化による水蒸気の増加の影響をダイレクトに受けると考えたほうが良い場所にあります。
今までの治水対策の常識を上回る大雨が来るということを念頭に置いておく必要があるということになるでしょう。ちなみに、冬場の雪についても量が増えるという研究結果も出ています。日本海側の平野部では温暖化により雪が雨になるため雪そのものは少なくなるものの、山沿いでは全て雪となるために降雪量が増えるというものです。大雪のことも考えておかなければなりません。
気象はカオスなんだから平年と違うことがあるのは当たり前でしょー。それを地球温暖化のせいにするのは科学的ではないような。

平年値が増えてるならわかるけど