新着Pick
279Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
このたび、本稿「2020年大予測」ごみ問題編の執筆をさせていただきました。

海洋プラスチック問題、マイクロプラスチック問題、食品ロスなど、今やごみ問題はグローバルに話し合われ対処されるべきものとして浸透しつつあります。

2020年7月にはレジ袋有料化が日本でも導入され、さらにごみ問題に対する消費者意識が高まるものと思いますが、消費者行動とともに解決の鍵を握るのは、商品・サービスの提供元である事業者の動向です。

本稿は事業者の「ビジネスモデル転換」が求められるということを中心に記載しておりますが、同時に「事業者によるサプライチェーンの積極的マネジメント(材料調達から商品の回収やリサイクル等を含めた自らの影響範囲拡大)」や「イノベーション」なども重要となります。

これまでも先進的な事業者が優れた事例を創り出しており、本稿でもいくつか紹介しておりますが、まだまだ様子見の事業者も多いです。
2020年、消費者意識は加速度的に高まっていきそうですが、ごみ問題が事業者にとってピンチとなるか、他事業者と差をつけるチャンスとなるか。行動次第で明運が分かれる段階に差し掛かってきたともいえそうです。
どんどん話題にし続けて頂きたいですね。

タバコ税と同様プラスチックもコストを高めるしか利用を減らす方法は無いと思います。

最近やっとマイボトルに慣れて来ましたが、出されるペットボトルを遠慮するまでにはまだ時間がかかりそう。習慣を大きく変えるには、コストを含む利便性を下げるしか短期的には無いのかなと思います。
リユース、リサイクルにも輸送や加工にエネルギーやコストが必要なわけで、洗浄に使う水や洗剤もなかなか環境負荷ゼロとはいかないでしょうから、ペットボトルを瓶などに置き換えるわけにもいかない。キャッチャーな対策が当面は流行るでしょうけど、早晩、サプライチェーン、ライフサイクル全体での絶命がシビアに求められるようになるでしょうし、そうしていかないといけない。
この連載について
2010年代は、多くの大企業がビジネスモデルの変革を迫られ、新たな産業が勃興した。2020年代には、どんな変化が訪れるのか。先行きが不透明なビジネスの最前線を、有識者たちの予測で見通す。