新着Pick

ハーゲンダッツが12月に最も売れる納得の理由

東洋経済オンライン
アパレルや百貨店など、さまざまな業界で12月の販売セールが続いている。全国各地のスーパーやコンビニで買える「家庭用アイスクリーム」もその1つだ。アイスだから「夏の嗜好品」ではなく、寒い時期に楽しむ「冬…
670Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
タイトルの理由自体は特に驚きもない内容でしたが、ハーゲンダッツについての様々なトリビアが満載の情報の多い記事でした。まずハーゲンダッツだけで500億円もの売上があるというのが驚き。
高級イメージがありながら、実はそんなに高くないってのがうまいですよね。300円なんて、最近ならコンビニスイーツかったらすぐだし、スタバでコーヒー買ったら越えるし、タピオカなんてもっともっと高いし。そう考えると、あの値段で「ご褒美感」を感じさせるブランディングの勝利。もちろん味が美味しいのが大前提です
小さなご褒美。ケーキと違ってストックが効くし、あのサイズ感がいい。
大きな褒美1000kcalありそうなパンケーキにはおののくし、胃もたれする。小さなハーゲンダッツなら罪悪感なく許せる。
大人の女性はスイーツを嗜む時背徳感を同時に味わってます。

カフェやホテルにケーキ楽しみに行く時間はない。
しかし、家族が寝静まった夜、一人シャンパンと小さなハーゲンだで打ち上げはできる。

時間ない、癒されたい、小銭あり、の女性ワーカーにとってプレモルのようなポジショニング。

個人的には今の中条あやみさんより真矢みきさんのCMがドンピシャ。
毎日いろいろある。いろいろをお風呂上がりのハーゲンダッツとシャンパンで溶かす。

会計上小さな自分だけのご褒美はマッサージ、シャンパン、スイーツなど一括りに固定費化してます。
購買頻度アップや単価アップで季節商品はもちろん常に展開しますが、基本的なプロモーションではバニラや抹茶など基幹商品を常にアピールし続ける方法は中々やりきれないところだなと思います。
私が子供の頃、
「アメリカ人はセントラルヒーティングの効いた家の中で冷たいビールを飲んだり、アイスクリームを食べている」
と、米国人を羨む大人がいました。

今や日本で、乾燥する冬場にビールを飲んだり、アイスクリームを食べるのは普通のこととなっています。

経済的に豊かになった証拠です。
自分の経験から言うと、夏は暑いので、アイスも「質」より「量」を求め、たくさん食べている気がします。
      
一方、冬は「量」より「質」を求め、高級感のハーゲンダッツに手を出している感じです。
  
説得力はありませんが…。
確かに自分の過去を振り返ると、年末年始にしか食べてませんね。
なかなか非日常ではないと食べる機会がありません。
クリスマスがある12月にアイスクリームが一番売れる…このトリビアは、NPでも他でも、定番な話題。
冷たい食べ物が苦手な私には、あり得ない話しなのですが、冬のハーゲンダッツの限定品は、食べたくても食べられないというジレンマです。

ついでに、おでんはそれでも冬の方が売れるんですよね?
それも知りたいです。

こういう季節と真逆の食べ物を食べるのも、地球環境保護的にはダメなのかしら?となると、北欧では冬にアイスクリームはマイナーなのかな?
少なくとも、アメリカ人は、マイナス10度のボストンの駅でもアイスクリームが人気で、それを見て、卒倒しかけました。
ハーゲンダッツはもはや違う「価値」で買われている商品。正直「美味しいアイス」は他に沢山ある気がしますが、「高級感」とか「ご褒美感」みたいなものがブランドエクイティとして蓄積されている。
完全にブランド品的商品となっている感じですよね。
暖かい場所で、冷たいアイスを食べる至福の一時。子供たちに教わりましたね
アイスクリームの消費額が大きな地域ってどこかご存知でしょうか。沖縄ではありません。実は沖縄は最下位です。石川、富山、福島がトップスリーです。意外と寒い地域で食べられているんです。