新着Pick
170Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「仕事とは、上司やクライアントへのサービス」です。多忙な上司にタイムリー情報共有することが大切です。

また、タイムリーに情報共有していると、上司はこちらの仕事の進行を逐一把握できているため、何かトラブルが起こったときは、上司も一緒に決断した負い目を共有することになります。

仕事にはトラブルがつきものなので、細やかに情報を共有していると、ムダな説教を食らう時間を無くすことも大切です。

今回は、報告・連絡・相談を徹底して上司からの信頼を高めるフレーズ、上司が会話中に効果的な横入りするフレーズなどを紹介しました。

グローバル社会の余波がそこかしこに迫っている現在。英語を使うなら、いつまでも子供のように『知らない』を通すことは失礼です。マナーの一環としてぜひ一読下さい。STAY GOLD!

PS

最近Twitterで発信はじめました。シンガポールでの丸15年、23年間のグローバルビジネス経験から確認した、非ネイティブが英語圏で成果を出す仕事術を日々お伝えしています。
https://twitter.com/phoenix_hugo

『ビジネス現場で即効で使える非ネイティブエリート最強英語フレーズ550』(ダイヤモンド社)
英語が上手く活用できず、海外で『1年2か月間売り上げゼロ』のどん底から、『英語非ネイティブ』に目を向けることで、現在『シンガポールマイクロソフトの本部長』になった、英語の経緯のすべてを凝縮した本書。
https://www.amazon.co.jp/dp/4478108730/

拙書紹介記事 第1回は下記からご覧いただけます。
https://diamond.jp/articles/-/213385
米国赴任して2年経過しましたが、話に割り込みたい時に、「I’m sorry to bother you.」(お忙しいところすみません)といった表現は使ったことがありません。

それを言いたいなら「Just one second」(ちょっといいですか?)ではないでしょうか?

日本語でも、日常会話では、ニュースのアナウンサーが話す日本語とは違うように、日常の会話は、文章というより、決り文句+応用の方が多いように感じます。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
まず用件をわかってもらう。

報告を聞いてほしい、承認してほしいなど、用件が何かがわかると、聞く耳を持ってもらえます。

「で、用件は何?」って言われないようにしましょう。
上司が英語圏の人だったことが無いので参考になりました。クライアントと話すときはここまで丁寧にやった事がなかったので次回から取り入れてみようかと思います。
"I am sorry to bother you. I have one thing to share with you."
早速覚えました。日々、ストックを増やすしかないですね。
上司へのお伺いは入り方とかとても大事なのは日本以外も一緒。覚えておいて損はなし!
いやいや。"I am sorry to bother you. I have one thing to share with you."と切り出すのはいいけどそのあとの「本題」=ほんとの「これだけは伝えたいこと」のほうをちゃんとしゃべれないと意味ないやん?そっちが「本題」とちゃいますのん?

自分:"I am sorry to bother you. I have one thing to share with you."
上司:"OK, go ahead."
自分:"...あ〜う〜..."