新着Pick
1298Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
うちの学生にも読ませたい、非常に的を射たすばらしいインタビュー。
電池技術は、脱炭素時代のエネルギー政策において、キモになる。
その中心にいる吉野先生が、こうおっしゃっているのは本当に傾聴に値する。

──吉野さんはかねてより、「自動車産業が下請けになる」と公の場でたびたび発言しています。今も危機感は変わりませんか。
変わらないですね。むしろ、ようやくみなさんがそうした危機意識を持ってきてくれたと思っています。
たぶん、今度は車がパソコンやOSのようになっていくんだろうね。車を売って儲けるビジネスじゃなくて、その車を使ってどんなビジネスをやるかという世界に。
グーグルなんかは、まさにそこを狙っていますよね。そっちの方がよっぽど旨味があるから。そういう世界に入って行ったとき、「日本は大丈夫ですか」と。そこですよ。そこを心配すべきだと思うね。
人気 Picker
2020年の2日目は、次の10年を全力で駆け抜けようとする走るビジネスパーソンへ、ノーベル賞を受賞したあの吉野彰さんから、厳しくも温かいメッセージをお届けします。

昨日のニューイヤー駅伝では、優勝した旭化成のゴールシーンに、吉野さんが駆けつけているシーンがありました。吉野さんは民間企業所属の研究者。改めてそう思い知るに至りました。

そんな吉野さんだからこそ、「お上(政府)に忖度せずに物申すことができる」。それがご本人のこれからの役割だそうです。そんな吉野さんに、「新しいことをやるなら、東京から離れていないと」、「便利なだけのAI・IoTは売れないと思うな」など、舌鋒鋭くイノベーションの本質に迫っていただきます。

リチウムイオン電池にまつわる吉野さんのエピソードは語りつくされつつありますが、2020年代に新しい「吉野像」をいち早くお届けできたかと思っています。
この下りに激しく首を縦に振ってしまった。
何か大企業のサラリーマンになりつつあって危険を感じる今日この頃。

やっぱり自分もちゃんと尖ったところを持ち続けないとダメだな。
新年早々良いメッセージをいただきました。

よっしゃ!!
金言集ですね。

メモ1:座右の銘は「実るほど頭を垂れる稲穂かな」→「実る前はとんがっていなさい」


メモ2:日本の証券系や金融系のベンチャーキャピタルじゃ、絶対無理→時すでに遅し


メモ3→できるだけ「東京から離れていること」→お上発想になるから

まだまだいっぱいありました。これからもどんどん発見してほしいです。
これは学び多い。
企業として生き延びる厳しさも、時代を俯瞰する目も、研究のエッジも知る、民間の研究者ならではの、迫力と説得力あるメッセージ。
宝だなあ。

「審査を通ったということは、審査している人全員が納得したということでしょう。つまり、審査に通ったものは、すでに「時すでに遅し」になったもの。」とかね。
こういう方には、語り続けてほしい。
先月の証券アナリストジャーナルにJALの会長が航空会社の社会的責任についての講演していた資料が乗っていて、そこには、バッテリーの大きさが四分の一に、蓄電容量が四倍になれば、電気飛行機は十分可能になるとのこと。
その記事とあわせてこれを読むと、意外とそんな遠くない未来にそうなりそうだなーというか、かつての大阪万博の時のように、大阪出身のわたしとしては、25年の大阪万博を機に変わっていく世界が楽しみです。
先進的なことを進めていくには、理解されることは少なく、いつでも軋轢があるものなんですね。
成功の可否は、そこを諦めずに歯を食い縛って粘れるかどうかなんですね。
この点は、どの世界も共通ですね。
〉「実る前はとんがっていなさい」と解釈
環境問題は深刻です。美しい日本、クリーンな地球に再生し、維持するための開発や運動が望まれています。ここは日本の出番でしょう。二酸化炭素問題では、世界で劣後しているゆえに。
時代に先駆けてオープンイノベーションを実践していたというお話がありました。そのコンセプト提唱したチェスブロウ教授のお膝元におりながらあまりよく理解しておらず恐縮ですが、「色んな人・組織が協力してエコシステムを形成する」というよりも、結局は「尖った人や強力な企業に周りが乗っかってくる」というものかと思っています。狙ってやる(出来る)ものではなくて、ある狂気にフォロアーが乗っかってきて、結果的にそうなる。少なくとも昨今大企業で流行っている、協業目的でスタートアップに投資することではないですね。
面白かったです。イノベーションの条件の、三つ目と四つ目、「ナパバレー」と「ハリウッド」を入れているのが実用社会の中で研究されてきた方なんだな、と思いました。未来を描くのは一人の妄想からはじまると思いますが、その同じ夢を見させるためには直接電波される媒体が必要であるーということでしょうか。とても面白い文章でした。
「実るほど頭を垂れる稲穂かな」の解釈が素敵。「実る前はとんがっていなさい」というのは率直であることの教え。実ってもいないのに垂れた頭を下から覗くと舌を出す卑屈さが垣間見える。それも一つの処世術かもしれないが、それで一生を終えるのはおもしろくない。
この連載について
東京五輪とともに、日本の2020年代が幕を開ける。これからの10年は、どんな時代になるのか。各分野のトップ経営者や有識者が大胆に予測する。
旭化成株式会社(あさひかせい)は、化学、繊維、住宅、建材、エレクトロニクス、医薬品、医療等の事業を行う日本の会社である。東京都千代田区神田神保町に本社を置く。戦前は日窒コンツェルンの一部だったが日本の敗戦にともなう財閥解体により資本関係が絶たれ、1946年4月に日窒化学が旭化成工業(株)と改名して独立企業体として誕生した。 ウィキペディア
時価総額
1.68 兆円

業績