新着Pick
16Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
墜落したのは、カザフサタンの航空会社、ベク・エアー。離陸直後とのことです。
 高度はあまり上がっておらず、機体も一部を除けば破断しているわけではありません。ただ、地上の建造物に激突しているのが、写真から見て取れます。
 航空機はオランダ製のフォッカー100で、ベク・エアーが中古で購入したものです。フォッカー100は1997年で生産を停止していますから、少なくとも22年以上は使われてきた機体でしょう。

https://bnonews.com/index.php/2019/12/plane-carrying-100-people-crashes-near-almaty-kazakhstan/
離陸直後の事故ということで1996年の福岡空港ガルーダ機事故を思い出します。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/福岡空港ガルーダ航空機離陸事故

この事故では離陸時にエンジン故障に気づいた機長が、すでに十分に速度が出ていたのに、離陸中止を決定した判断が間違っていたとされました。

とっさの異常事態にヒトはどこまで"正しい"判断が下せるものなのでしょう。しっかり訓練されていても、あらゆるケースに対応は難しいようにも。