新着Pick
415Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
仕組み自体をあらたに構築できるところが、新しいイノベーションを起こせる。中国の強みは、インフラまわりを、既存の置き換えでなく、あらたに構築することができることですね。

‘’そこで、前置倉方式の考え方を一歩先に進めたのが、アリババのフーマの「店倉合一方式」だ。これは、地域分散させた倉庫を倉庫だけでなく店舗としても利用するというものだ。消費者は、スマホで注文して30分以内で配送をしてもらうことも可能で、また、自分で店舗を訪れて商品を自分の目で確かめて購入しても良い。‘’
日本のコンビニもだが、「冷蔵庫の拡張」だと思っている。それが業態の登場タイミングによって形を変えている。
言い換えれば、その時々の技術で実行可能な最善のものは変わる。ただ企業の意思決定として最善のものを必ずしもできないのは、業態勃興時に店舗や組織、意思決定が最適化されているから。あとは、その最適化が時間をかけて熟成されていると、ある程度のところまではコスト的に現行のものを続けていく方が有利だから。
一方で、レガシーがない企業が、その時の変化を早くに取り入れれば逆転もしうる。ネットの世界ではそれが頻繁に起こるが、リアルの世界でも起こってもおかしくはない。
配送のバックヤードはまだまだマンパワー依存の要素が強かったですが、それでもリアル店舗の細かなデータを多く拾っていくのは中々真似できないですし、今後も他の既存業態の収益構造をがらっと変えてくると思うと非常に楽しみです。
「ピックアップ5分、移動20分、訪問5分」
利用者にとってはありがたいですが、配送を行う方は大変ですね。
ふむふむ
阿里巴巴集団(アリババしゅうだん、日本語: アリババ・グループ・ホールディング、英語: Alibaba Group Holding Limited)は、中華人民共和国の情報技術 (IT)などを行う会社であり、持ち株会社。本社は浙江省杭州市。 ウィキペディア

業績