新着Pick
89Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
三菱自動車工業は、体質改善が急務です。
主力のアジア市場での販売停滞、新技術への対応、さらに国内販売不振も重荷です。販売中のマガジンX2月号でスクープしている京都三菱のサブディーラーによるオートオークション大量出品など、やるべき課題山積です。グプタさん移籍の後、益子会長の指導力が問われる局面にふたたび入ってきました。それにしても加藤社長のキャラが見えてきませんね。
欧米諸国などでディーゼル車の販売禁止規制が導入されてきたことも一因でしょう。
ノルウェーやオランダは2025年から販売禁止予定です。

https://search.yahoo.co.jp/amp/s/blog.evsmart.net/ev-news/global-petrol-gas-car-ban/%3Famp%26usqp%3Dmq331AQOKAGYAda8yuaz4sfW2AE%253D
ディーゼルエンジン需要が無くなるとは到底思えませんがね。

ガソリンよりハイパワーかつ低燃費ですから。
高速燃費を重視する欧州で最適解なのに変わりはない。

元々CO2排出量で有利。NOxだけなんとかなるなら継続できる。ハイブリッド加点でユーロ規制緩くしちゃう可能性も高い。

またディーゼルエンジン需要のぶり返し、あると思いますよ。
その際は他から買ってくりゃいいか、って判断ですかね。
三菱自工はもっと純電気自動車に集中していいのではないか。
もっとも早くEVを開発して製品化したが、中国では一台も売らない。
なぜだろうか。
世界の自動車生産台数は毎年9500万台以上あり、中古車市場への飽和具合を考えると、需要減でディーゼル車の開発中止をするよりも、メーカーモデルからサービスモデルへのマネタイズそのものを変化させないと厳しそうですね。
フォルクスワーゲンの排ガス不正。既にかなりの時間が経ったとも感じますが、ディーゼル車のイメージダウンには大きく繋がったように感じます。
三菱としての体力が限られる中で、外部環境と合わせたやむを得ない意思決定のように見える。パジェロもやめたわけで(海外はまだあった?)。
本当にディーゼルエンジンは環境に悪いのですかね。フォルクスワーゲン社のディーゼルエンジン不正問題でイメージがダウンしてしまいましたが、良い面もたくさんあります。例えば燃費が良いのでCO2排出量では有利です。軽油を使うので値段が安いのも利点です。
開発が中止されてしまうと、進化しなくなるので残念です。
三菱自動車工業株式会社(みつびしじどうしゃこうぎょう、略称:三菱自動車(みつびしじどうしゃ)・三菱自工(みつびしじこう)、英語: Mitsubishi Motors Corporation、略称:MMC)は、日本の自動車メーカーである。1970年に三菱重工業から独立した。 ウィキペディア
時価総額
4,843 億円

業績