新着Pick
4310Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
「グロ放題」にのみ提供されている「知見録プレミアム」がとても好評です。その中には、「リーダーの挑戦」や「みんなの相談室プレミアム」などが含まれています。今後は「ダイバーシティニュース(経済)」も掲載予定です、教育以外のコンテンツを充実させていきます。「ビジネスパーソンのスマホにグロ放題」が当たり前になりつつあります。面白いよ!
人気 Picker
前職の時、成長して欲しい若手のアソやシニアアソにこのプログラムを勧める手前、「自分が分からなければ勧められない」と、当時はまだあった月額プランで学び放題を利用してました。

コンテンツが極めて良質でかつ豊富にあり、気付きや学びがそこそこあったので、利用延長したくらいです。

若手に限らず、中堅社員にもオススメです。
2019年度は隙間時間にYouTubeでよく勉強した年でした。

以前、自分にとってYouTubeは暇つぶし的な感じで時間が無駄に取られてしまうツールでしたが、去年から特に自分の興味のあるビジネス・学術領域についてinitial studyとして使い始めるようになりました。

動画学習は書籍ほど集中力が必要ないので、隙間時間に良いと思います。
隙間時間を活用するには、それぞれの作業時間がどれくらいかかるのかを把握することが必要。

例えば、1本のNewsPicksの記事を読んでコメントを残すまでに3分かかるとする。
それを理解した上でクリーニングの受け取り待ち時間が3分ちょいかかるとしたら待ち時間に記事1本読むかぁ、という隙間時間の活用が可能になる。
といった様に。
コンテンツはすばらしいと思います。

課題は「学んだ後に、実際に行動につなげられるか」です。

そのハードルは異常に高いのですが、それを乗り越えないと、単なる意識高い系になってしまいます。

知識を身につけることは大事ですが、それが本当に身についたかを確認する、また、身に染み込ませるためには、実践が必須です。

せっかくのチャンスなので、学び、実践して、変革の原動力になれると、すばらしいですね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
NPでのPickの数が半端ない。コロナの状況下で勉強の熱が高くなっていることの証左でしょうね
どこでも使えるビジネス知識は、結局どこでも使えないというパラドックスがあります。

当社のような研修会社が普及させている「コモディティ化するビジネススキル」は、さっと話題にできるくらいの理解をすれば十分です。

その上で、自分の好きな分野で、かつ人気がまだない分野の専門性をセットで身に着けると、他の方との差別化につながり、「使える」価値を発揮できるようになります。
GLOBISはYouTubeで何度か拝見したことがあります。先人の声を聞くことで自分も何か行動するきっかけにするのはよくあることで、そう言ったことをサービスとして出すというのは多くの人に使いやすさを与えることになるでしょう。最近は多くの学びが月額を払うことでコンテンツとして得られるようになったように感じています。得たい学びが得やすい時代になってきました。しかしながら、容易に情報が得られるようになれば誤解や曲解が増えたりしないか、実体の伴う情報として捉えることができるのか、という心配がつきまといます。コンテンツを得たい消費者側が本当にえるべきは、ニーズをコンテンツ化すると言うような発想そのものではないかと思うことがたまにあります。
グロ放題この記事見て始めました。10日続いたら半年課金する
2019年はYouTubeでの学習が非常に学びになった1年だった。今年は学びを継続しつつ、インプットだけでなくアウトプットも意識して何か形にしていけたら。