新着Pick
383Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
新R25世代には必読な内容!

当社でも新任マネージャーに対して、マネージャーの仕事は
「目標、役割、評価」
と伝えています。

また、スティーブ・ジョブズの例にもあるように、仕事で成果を出す人が皆、マネジメント向きであるとは限らず、プレイヤー職で成果を出す人と、組織を率いてチームで成果を出す人は、役割を分けた方が確実に良いと思います。

マネージャーになりたい人、マネージャーになったばかりの人は「ドラッガーを読まないと始まらない」というのは、まだ今の時代も万国共通ですね!
世の中のマネージャーと呼ばれる方々って、殆どがマネージャーとはなんたるや、を分からぬままそのポジションにつくことが多いと思う(まれに自分なりのマネージャー像、みたいなものを持っている方もいるが、それはあなたが思うそれなだけで万人共通のものではない事に気付いてない方は多い)。

人を管理するのではなく、人と管理する視点。
私が一番しっくり来ているのは、同様にドラッカーですが
「(困難な状況の中で)どうにかこうにか、何とかすること」です。
特に異論はありません。が、今、職場で起こっている変化、マネジメントの前提をつけ加えておく必要があると感じます。


若年層は「情報があることが当たり前」の時代を生きてきた。
なので、情報ありきで自分がどうするか、考えたがる傾向にある。しかし、中高年層は「情報がないのが当たり前」の時代で働いてきた。なので、情報がなくとも、自分でどうするか考えることが当たり前だと思っている。

中高年のマネジメント層は、自分から情報を出さず、部下にまるごと考えさせようとする。それが育成だと考えながら。
しかし、若年の担当者層は、情報がないなかでは、うまく動けないし、ストレス過多になる。それは育成という名の丸投げだと感じながら。

もちろん、能力発揮して状況対応する若年層もいる。しかし、対応できない若年層も出てくる。

すると、中高年のマネジメント層は、そのような若年担当者層をマイクロマネジメントしていく。若年層はプロセスを管理され、自由が奪われていく…

どちらの考えも分かる、中高年層と若年層の間の層は、就職氷河期で不在または少人数。

埋まらない溝はただただ皆のストレスだけを増やしていく。


今はそんな変化が前提にあることをわかったうえで、自分の当たり前や成功体験を正解とせず、メンバーを支援していくことがマネジメントに求められていると感じます。

#マネジメント
よくある落とし穴が上手にまとめられていますね。
私も過去の自分をみると…あぁ…と目を覆いたくなることもいくつかあります。

日本では「マネジメント」を「管理」と勘違いしている人が多いですが、それは全くの間違いだと考えています。

「組織としてのパフォーマンスを最大限にする」ことが「マネジャー」に求められることで、そのためには何でもやりますが、計数管理的なことは、ほとんどないと思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
「なんのための仕事なのか」を伝えないと、部下も仕事に価値を感じられくなり、力を発揮できなくなってしまう。やはりコミュニケーションが一番大事ですよね。
マネジメントとは、人「と」行うこと・・・ この軸がぶれると「マネジメント=管理」となるのだと思います。深いところでのコミュニケーションが行われていると、特に管理などしなくても、人は成果を出すようになると思います。「人と人が力を合わせて成果をあげること」そこを考えるのがマネージャーの役割であり、マネジメントなんだと思います。
マネジメントの仕事は、
”成果を出すために、重要性を軸にした行動を行うこと。”
だと私の中では定義しています。(成果は社会・お客様への価値)

1か月半前から3冊構成のドラッカーの『マネジメント』を読んでいて、やっと1冊目が終わるところだったので、この記事を読んで少し整理できました。

『マネジメント』の中で、ドラッカーは、何度も何度も、”マネジメントとは〇〇である。”と読者に定義をしています。
”マネジメント”という言葉に引っ張られるのではなく、
本質を整理するために、あえてこの書き方を何度もしているのだと思います。

ドラッカーは、タイトルにもある、”マネジメント”を心から研究した研究者で、本は読み応え満載。
僕の定義では、マネジメント=メンバーの個別最適を全体最適につなげること

例)アバン「大魔王を倒せるのは勇者の一太刀のみ。全ての戦いを勇者のためにせよ」
個→勇者を無傷で大魔王の前に連れて行く(ヒュンケル、ヒム、ラーハルト、アバン、ポップは捨て駒に)
全→ 勇者が大魔王を倒す確率を1%でも上げる
マネージャーの役割
・部下が苦手なことはやらせない。得意なことを振る。
・聞き役に徹する。