新着Pick
912Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2020年は5G×VRの年になります!俺以外、誰も言ってないけど確実にそうなります!w

・2019年の振り返り
ここ数年ずっとなのですが、バーティカルB2B SaaSに資金が集中した印象です。C向けでは収益が既にたっているD2CとVTuberが何とか資金調達が出来ましたが、全体的にはかなり苦しかったと感じます。ファンドの数は増えたのですがシリーズAでC向けにリスクをとった投資をするVCが増えないのは寂しいなと思います。

孫さん率いるソフトバンクグループ無双。ビジョンファンドが世界のVCマーケットを良い意味でも悪い意味でも席巻。世界的なユニコーンブームの是非が凄く問われました。ZOZO買収、LINEとの統合、PayPayと国内でも凄まじい存在感を示したと思います。

未上場ユニコーンのバリュー算定。ウーバー、ウィーワークなどカリスマ創業者のフォースとガバナンス。一方でグーグルやアリババのカリスマ創業者の引退。GAFA分割論が本格化。Libraを筆頭にネット企業と規制当局の衝突。米中摩擦の激化。ネットのブロック経済化。「Make the World a Better Place」をマントラに、グローバル化とテクノロジーの進化は世の中を確実に良くするという無邪気な古き良き時代の終焉を感じました。

・2020年のトレンド予測
2020年は2007年に始まった「スマホ、ソーシャル、クラウド」の時代から「XR、ブロックチェーン、AI」の時代への移行が目に見えて分かるようになる年になります。その始まりとしてVR市場がゲームを中心に急速に立ち上がりを見せます。「Oculus Quest」は北米だけでなく日本でも大ブームが起こるのは間違いないです。ブロックチェーンも各国での規制がまとまり、いよいよ前向きなイノベーションが目立ってくる年になると思います。

ネットのブロック経済化は更に進みます。特に米中対立はテクノロジー産業においては鉄のカーテンまでいくと思います。ファーウェイだけに止まらず、かなり多くのサービスやプロダクトがお互い禁止になると思います。欧州と米国も一枚岩ではなく、ここにビジネスチャンスも生まれてくると思います。日本もこれを機に国家の成長戦略、新産業の育成を真剣に議論するタイミングだと思います。
知ってる経営者がたくさん出ていて知見を惜しみなく出してくれてる。もちろんポジショントークもあるけど笑、それを差し引いても得るものの方が圧倒的に多い。良記事。
ところどころでまとめたり、インフォグラフィックスを追加するなど…もっと読みやすさに配慮があっても良いのではないでしょうか?

今どき、ベタ打ちで書かれたものは、いかに内容がすばらしくても、最初から読む意欲が低下してしまうのは、老眼に悩む私だけでしょうか?

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません

業績

株式会社スタートトゥデイは、アパレルのオンラインショッピングサイト、ZOZOTOWN(ゾゾタウン)を運営する日本の企業である。 ウィキペディア
時価総額
5,257 億円

業績

ヤフー株式会社(英称:Yahoo Japan Corporation)は、日本の企業。ソフトバンクグループの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
2.13 兆円

業績