新着Pick
196Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「仕事は自由にできないし、仕事も減らない。だからといって、深夜まで残業していた時代には逆戻りできない。」

わかります。わかりますが、それだと総労働時間は一緒どころか場所を変えたり時間が細切れになったりするコストが発生して働き方改革にならないのでは?と、朝6時前に書き込んでみます。
早朝勤務自体はお薦めですが、働く時間が制限されるから、その分朝働くというのはおかしな考え方ですね。早朝だからという理由で労働時間としてカウントしない企業が居るのだとしたら、その会社は相当危険です。

ただし、早朝に働くこと自体はメリットばかりです。私は出社する時は基本的に始発出社ですが、夏でも暑くないし、電車も基本的には座れます。まだ誰も働いていないのでメールもチャットでも電話も来なくて個人作業に集中できます。だいたい7時半くらいから偉い人を中心に出社されますが、人が少ないのでグレーな会話もし易いです。9時には個人作業を全て終わらせて、そこから定時までは会議に参加したりチームメンバーのフォローに回ります。必ず定時には会社を出るので子供たちのお迎えも早めにできて、そこから寝かしつけるまで家事育児に集中。むしろ定時以降が一日の本番ですね(笑)
深夜でも朝活でも本人が一番集中できる時間を効率的に使うことが一番です。人やライフスタイルで集中できる時間は異なります。

子持ちの共働きの場合、朝は朝食や保育園の準備で忙しく子供のイレギュラーも多いので、朝活は難しいのが現実です。
個々に、最適なタイミングがあるので、朝型でない人が無理しても、眠いだけで生産性はあがらないと思います。

朝活もピンキリで、単なる寄り合いもあるので、どうしても朝が苦手な人は、夕方からのミートアップなど違う機会を活かすことも考えてはいかがでしょう?

人間、無理は続きませんし、自分にあったことは長続きします。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
朝活ではなく「早残」の話でしたが、個人的には朝みんなが出社する前に来て集中して仕事を進めるのは好きですし、トータルで見れば効率が良いと感じています。