新着Pick
371Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本郵政、日本郵便、かんぽ生命の社長はそれぞれ日本興業銀行、住友銀行、東京海上火災保険に入社してキャリアを積んだ民間人。それに対し、日本郵政取締役兼代表執行役上級副社長、日本郵便代表取締役副社長兼執行役員上級副社長(社長補佐及び経営企画部担当)、かんぽ生命取締役兼代表執行役副社長という3社の副社長陣はいずれも旧郵政省、旧大蔵省の官僚出身で、日本郵政の副社長は総務省から日本郵政への行政処分に関する情報漏洩問題の日本郵政側の受け手です。この不祥事一つをとっても、トップに民間人を据えてはいるものの、内実は官僚出身者が監督官庁と繋がって実権を握る組織であったと想像するに難くありません。今回の問題を機に「長門社長の後任には、増田寛也元総務大臣が就任する見通し」というのがまた振るっています。ついにトップも官僚出身者。
いかなる事情があるにせよトップが責任を免れないのは当然ですが、憮然たる表情と感じなくもなかった何回かの記者会見の映像を見るにつけ、忸怩たる思いもあったんじゃないかと感じないでもありません。(^^;
組織運営上の本当の問題はどこにあったのか。トカゲのしっぽきりならぬ頭切りだけに終わって内実は変わらない、なんてことにだけはならないように念じたい・・・ (・。・;
3社の「副社長」が旧郵政省などからの天下り組でしょ。

今回の不祥事は、天下りの弊害が露見したものです。
副社長全員が辞任するのがスジじゃないでしょうか?

今回のケースのように、天下りには「先輩後輩」の間での情報漏洩(もしくはそれに類する行為)が行われる危険性が高いです。

そこまで行かなくとも、天下りをした元役人を連れて行かないと「面会もしない」という役所等があるそうです。
天下りの元役人を厚遇することで、自分の将来も安泰にしようというシステムです。

私の知る限りでも、顔つなぎ役の元官僚がたくさんいます。

抜本的な「天下り対策」が必要と考えます。
経営責任を負い辞任する前に、説明責任を果たすべきだと思います。日本の経営者は、アカウンタビリティーに欠けている気がします。辞めれば済む話とそうでない話があります。ぼくも日頃から、意識せねばいけません。
NHKに圧力をかけたり、総務省の漏えい情報を受け取ったりしていた、日本郵政の上級副社長はどうなるのでしょうか?この人のほうがよっぽど問題で、3社長の引責辞任で終わる話ではありません。
トップの辞任は致し方無いところでさあるが、まずは情報漏えいしていた鈴木副社長も同時に処分されるべき。そもそも監督省庁からの天下りについては、政官民が癒着していた昭和のモデルの名残以外の何者でもない。官僚OBを経営陣に迎え入れる理由は、プロの経営者でないのだから、監督官庁から普通の人では入手出来ない情報を取るか、監督官庁に対して経営上必要な許認可を優位に進める事で企業に貢献すること。なれば必然的にこのような事態に発展するリスクが伴うのは自然な事だ。そう言う意味では、鈴木副社長を送り込んだ総務省や担当大臣にも任命責任がある。
ベリートップの引責はやむを得ないとして、役人シニアの一掃なしにはガバナンスの回復は困難でしょう。組織の頭の構造を変えるために、それが不可欠。
引責辞任は当然のことだけど、辞任で終わる様な甘っちょろい問題ではありません。
腐敗しきった内部のガバナンスを根底から変えていかないとまた同じ事を繰り返します。
もうここまで大きな問題になってるんだから、3ヶ月間の業務停止ではなく、保険販売自体を無期限の停止にするのが世のためだと思います。
竹田さんのコメントにあるとおり、辞めれば良いわけではないかと。
日本の会社は、とは言いませんが、日本の大企業の一定数は、未だに切腹御免的なトップの首を切ることに意味を持たせ過ぎている会社があるように思います。
確かにすべての責任はトップに帰着するとしても、何が問題だったのかに対して「トップが責任なので辞めて償います」は無理があるかと思います。
冷静に問題、課題を整理して組織として健全化するために何が必要でどんなステップを踏むのかが語られることを期待しています
後任に元官僚(建設省)、知事、総務大臣の増田さん。民営化したからといって、あの巨大組織を率いるのは、民間からポトンと降りてきても難しい。この危機に対処する人事としては、なるほどというところ。
後任の増田元総務大臣が悪いというわけではありませんが、
総務省、旧郵政省の人事の影響力、年次による縦社会がまかり通る仕組みが歪
民主党政権による郵政民営化のより戻し政策の成果がここに来て露見してきました、、、
日本郵政株式会社(にっぽんゆうせい、英語: Japan Post Holdings Co.,Ltd.)は、日本郵政株式会社法に基づき、日本郵政グループの持株会社として設立された特殊会社。 ウィキペディア
時価総額
3.72 兆円

業績

株式会社かんぽ生命保険(かんぽせいめいほけん、英称:Japan Post Insurance Co.,Ltd.)は、東京都千代田区に本社を置く、日本の生命保険会社である。愛称は「かんぽ生命」(英通称はJP INSURANCE)。 ウィキペディア
時価総額
8,290 億円

業績

日本郵便株式会社(にっぽんゆうびん、Japan Post Co., Ltd.)は、東京都千代田区に本社を置く、郵便事業の運営と郵便局の運営を行う日本の会社である。総務省所管の特殊会社で、日本郵政株式会社の100%子会社。愛称は「日本郵便」(英語表記の愛称は、旧郵便事業と同一のJP POST)を使用する。 ウィキペディア
Premiumを無料で体験
登録・ログイン