新着Pick
1204Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
古川さんを取材していて、私の普段の仕事ぶりがどこかから漏れているのではないかと思いました。
仕事に優先順位をつける。
それが大事なのはわかっているのに、つい「軽くてすぐに終わる仕事」から手を付けてしまい、そのせいで「絶対に今日中に終わらせなくてはいけない重めの仕事」が後回しに。
……と言っている今も、今日中に書き上げねばならない原稿を書いていたりします(泣)
明日から! 明日からは必ず優先順位をつけて仕事をします!!
私のような悪癖をお持ちの方は、ぜひ「90分1セット」の休憩タイムにご一読ください。
仕事のやり方が変わるヒントがあります(私も変えます!)。
私もルーティン化の効能を強く感じます。何をしようかと迷う時間はもったいない。やることを決め、頭も体も自然に動くようになれば、仕事の効率は上がります。ただ、ルーティンができるようになったのは、50歳を過ぎてからです。それまでは、大きな事件や災害があるたびに、すべて生活をリセットして対応していました。どんな仕事もなかなか自己都合で時間をコントロールできないものです。そして、外部要因に振り回される中でも、小さくてもルーティンを創り出せる人が成功するのでしょう。
大学の授業のコマ時間とほぼ一緒ですね。
ただ、授業が楽しいかどうかは、時間よりも教える人に対する依存度のほうが高いと思いますが。
文中にもありますが、学生生活と職場の違いの一つが時間割。いつ、誰と、何を、どのくらいの時間するのかが定まっているところから、タスクを渡されて(もしくは自らタスク化して)いつやるか、誰とどうやるかから定めていく。この変化が難しいポイント。

ただ、受験で決まったテクニックがあるように、業務習慣も一定のテクニックがあるので、優先順位付けなどは早めに型にしておくことが望ましいですよね。
優先順位が高くて時間がかかる仕事は後回しにしがち、
優先順位が低いけど時間がかかはない仕事は取り掛かりやすい、
だから逆にしよう。

とはよく言ったもんですが、とは言ってもなかなか難しい。

日の中で上記を分けるのではなく、優先順位が高い仕事は他のことに着手できない環境を作りぐわっと集中する方法がオススメです。
標題の"仕事が楽しい人こそ"というのが良いですね。
仕事を楽しく感じている人だからこそ、クリエイティブな仕事に時間を割くことで大きな成果を生み出せます。

この記事にはないですが、難しいのは"仕事がつまらない時"の集中力の保ち方です。仕事がつまらなく感じる時は、90分どころか30分もすれば、トイレに行きたくなったり、メールを見返したりして全く進みません。

この状態を自力で脱するのは至難です。なぜならこの状態を脱する為、仕事の効率化や新しい仕事へ着手するには、やはりこのつまらない仕事を済まさねばならず、その時間がある以上、仕事が楽しい人の生産性を上回れないからです。

ということで、仕事がつまらない人は、情けなくても上司に助けを求めるべきだと思います。周囲との差が開き続けるよりはいいはずです。手を抜いてないなら、怠慢ではないのだし。悪い上司には問答無用で否定されるかもしれませんが、仕事を変えるきっかけになるかもしれませんし、良い上司ならその仕事の本当の楽しさを教えてくれるかもしれません。
5分で終わる仕事→提出期限の近い仕事

この優先順位を守っていますね。
90分集中できるのが素晴らしい。私は60分くらいが限界です。朝、仕事をする前に整理することや瞑想するのは一緒ですね。ひと休みの重要性も同意します
この連載について