新着Pick
60Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事中にでてくる「残余財産分配に関する優先権」は、
精算や買収によるExit時、優先株主が普通株主に先立ち分配を受ける権利のことです。
ポイントは大きく分けて2つあり、
①優先分配率:投資した額の何倍まで優先的に分配を受けるのか
②参加権の有無:優先株主への分配後の残額について、さらに分配をうけるかどうか
です。

※例えば下記の場合(説明のため簡略化しますが)、
・優先権:①優先分配1倍、②参加型
・投資額:10億円で保有比率10% (他株主は普通株)
・残余財産が50億円

手元に帰ってくるのは、
①10億円
②4億円(=(50-10)*0.1)
①+②=14億となり、4億円のプラスとなります


Coral Capitalのレポートによると、
日本の場合は①9割が優先分配率は1倍、②97%が参加型(残余財産の分配あり)
一方、米国の場合は①ほぼ100%が優先分配率1倍、②99%は非参加型(残余財産分配なし)
となっており、本項目は日本の方が投資家寄りの契約になっている場合が多いです。
https://coralcap.co/2019/08/deal-terms-2019summer/
リリース時の記事はこちらになります。

マネーフォワードがスマートキャンプを子会社化、SaaS事業拡大へ(TechCrunchJapan、11月11日)
https://newspicks.com/news/4374079/