新着Pick
184Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「今後3年間、2億4000万ドル相当の株式報酬を受け取る」。金額だけ見ると高いように思う人もいるかもしれないけど、カリスマ創業者から引き継いで50兆円以上も時価総額を高めたCEOとしては当然もらうべきレベル。メガテック企業を創業者から引き継ぐ経営トップは、成功報酬で年間100億円のラインが当たり前になってきそう
記事として分かりづらい理由が、エリックシュミットの名前が記事で全く出ていないため。
創業者CEOはサラリーよりもキャピタルゲインに報酬の重きを置く場合が多い、となると過去この組織のトップを創業者以外で務めたのはシュミットしかいない。シュミットと比べて多いか少ないかの比較。
多い理由は、任期中の企業規模が圧倒的に違うから。収益規模も時価総額も倍くらい違う、比較感としては当然だろう。絶対額としての多い少ないの良し悪しは別に議論はあろう。が、少なくともこの会社のボード構成や成り立ちからお手盛りで決まってないことはたしかだろう。
グローバルでトップ企業のCEOの報酬としてはこれくらいあっても良いのかなと思う。創業者とは異なる報酬体系が必要であり、そうなるとこういった設計になるのかなと思います。
最近、知り合いがミリオネアではなく、ビリオネアだということが話題になり、遠い目になっていたところでした。運用利回りだけでも。。。いや、考えるのをやめよう。
1年間100億円近くが当たり前になりつつある。創業のキャピタルゲインなら理解できるけど、ノンリスクでこれはどうなんだろう?格差の問題が大きくなる中で資本主義の自制心は問われると思うな

アルファベットのスンダー・ピチャイCEOは今後3年間、2億4000万ドル相当の株式報酬を受け取る。
報酬をたくさん取るのは、その会社にとってその人がその時点で余人を持って変えがたい能力があるからだ。高額報酬どうなの論は色々あるけど、相場には抗えない。
Alphabet Inc.(アルファベット)は、2015年にGoogle Inc.及びグループ企業の持株会社として設立された、アメリカの多国籍コングロマリットである。 ウィキペディア
時価総額
85.8 兆円

業績