新着Pick
61Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
身近なところから素敵なアイデアですね。

「審査員長を務めた弁理士の福村直樹さんの提案で」とありますが、ただ「小学生の作品か」で終わらせずに、特許まで持っていった周りの人たちも素晴らしいです。このような経験が自信を与え、将来の興味や仕事にまで繋がりうるものだと思います。
子供さんが考えたアイデアを、カタチにするサポートを大人が真剣にする動きは、実に素晴らしく、感動しました!
そして、この出来事をしっかりと記事にして取り上げることこそが、メディアの役割。
批判ばかりでなく、社会に前向きな空気感を創り出せるのも、メディアだからできることですね。
実用新案ではなく、特許なのですね。

是非、この体験を原体験として、成長していただきたいです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
弁理士の方にも拍手
特許が取れる小学6年生、ただただ素晴らしいです。
自宅でも真似してみます。