新着Pick
86Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本では日銀が買い支えるので、安心感があるが、
個人が増えない。変わりに金融機関がその恩恵を
受けている印象である。
巨大な個人資産が、少しでも動けば日本の雰囲気は
変わると思う一方、バブルの恐怖は依然としてある。
ETFは上場投資信託のことです。
特徴は、株式や債権の市場指数に連動しているところです。

右肩上がりの市場であれば、個別銘柄への投資よりも安定的に利益を出すことができます。
しかし、一定周期で大きく上下動する市場では、下がり局面になると損失を被るため売却が加速します。

アメリカのように多少の上下動を繰り返しても全体的に右肩上がりの市場にはピッタリで、誰もが利益を出せます。
しかし、日本のように大きく上下動をする/した市場では、必ずしもそうではないところに注意が必要です。
ETFは手数料の安さが魅力なので投資初心者に勧めるとしたらファンドよりもこちらです。
ETFの仕組みを理解するには良い記事だと思います。
イノベーションではある。ただ個別への価格発見機能なく、アセットアロケーションのモメンタムを増幅している側面もあると思っている。
マーケットサイクルのなかで、どういう反応が今後出てくるか観察していきたい。
ETFの「運用資産は世界で6兆ドル強(約650兆円強)と5年で2倍強に増えた」とのこと。、 急拡大している様子と背景がわかります。