新着Pick

ユニゾHD、従業員が買収へ 日本の上場企業では初

朝日新聞デジタル
東京証券取引所第1部上場の不動産会社ユニゾホールディングス(HD)は22日、従業員による買収(エンプロイー・バイアウト=EBO)を行う、と発表した。同社は米投資ファンドなどから買収提案を受けていたが…
19Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
TDnetにユニゾから深夜の開示が出ています。下記はそれをざっと読んだ感想です。

——
本件は、ローンスターがスポンサーで、でも公開買付人たる買収SPCの大株主はユニゾの従業員という、奇妙なストラクチャーのTOBに対する賛同表明のようです。

買収SPCの普通株式の資本構成が、TDnetで公開されている取引ストラクチャーのポンチ絵には開示されていませんでした。私は、開示されていない理由は、従業員の出資額は1750億円という巨額の買収資金からすると僅少だからだと推察します(普通の従業員には何人集まったって意味ある金額を用意することはできません)。
結局、ローンスターがローンと優先株式にて買収に係るほぼ全ての必要資金を提供するということなのだと思います。だから、本件のスポンサーはローンスターです。

ローンスターが慈善事業をする訳はありませんから、エコノミクスのほとんど全てはローンスターに帰属するのでしょう。

なので、(MBOへの社会的な批判は過去15年ほどで溜まるに溜まりましたので)今回EBOという大義名分 & 従業員の雇用維持を主張し続けたユニゾ取締役たちのメンツの維持を付したうえで、実質的なローンスターによるバイアウトが決まったのだと、私は読みました。

註釈: 従業員には取締役の兼務者は含まないとのことですので、MBOのような利益相反構造にはないと説明しています。