新着Pick
260Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
要点はここですね、 「NTTと三菱商事は、欧州のデジタル地図大手のヒアテクノロジーズに共同で出資する。出資額は1000億円前後とみられ、発行済み株式の30%ほどを保有して役員も派遣する。」
とのことで、会社の時価評価約3000億円ですね、でもこれってノキアからアウディ、BMW、ダイムラーの3社が2015年にヒアを買収した時価評価と変わっていません。

4年前から時価総額が変わらないというのは苦戦している証左でベンチャーでは黄信号です。注視する必要があると思います。

ちょうどMCデジタルという三菱商事のデジタル戦略専用子会社が12月3日にプレスリリースしているので、その第一号案件としてPR効果もあるとは思います。

このヒアという会社、日本の方はほとんど知らないかもですが、CESとかでは毎年出展しているデジタル地図企業で、展示は派手なんですが、差別化は?というところでは正直わからない会社です。何か秘策があるとは思うのですが。。

また、
「デジタル地図は自動運転などを支える重要なインフラの一つで、米グーグルが力を入れている。NTTと三菱商事、ヒアは日欧陣営を作ることでグーグルに対抗する。」

とのことですが、今はHDマップ(1mmの道路や壁のデコボコもセンサーで検知してデータ化して取り込む)は多くのベンチャーもやってます。

物流に必要なデータとは言われていますが、あくまで自動運転からすると補助データではあります(リアルタイムにデータを取りながら判断して運転する方が確実なので)

ただ、never too late、遅すぎる事はなく、この分野に遅れて参入するのに時間を買うと言う意味での出資の価値はあります。うまくいって欲しいです。
HEREへの投資。
デジタル地図というか、リアルな移動データは、量が勝負。その意味ではNokiaからドイツ自動車3社が買ったことはそこの共通基盤の統合という点でよい買収だったと思う。
海外での参加もいいのだが、逆に、日本のパイオニア傘下のインクリメントPとかゼンリンはどうするのだろう、とも思う。特にNTTにとっては展開地域考えたときに投資リターンが主目的でない限りは、そこをしっかりすることがキーなはずだが…下記のような人口分布サービスも出しているし。
https://newspicks.com/news/4436532
NTTと三菱商事がHEREに出資。MaaS文脈で地図の分野の争いも厳しくなってきているが、日欧陣営を作るというのは、Googleにとって大きな脅威になるのかもしれない。
Hereがノキア傘下時代に取材したのが懐かしいです。色々出資者が変わりますね。
Google対Here…「総合データ企業対地図企業」…かなり分が悪い感じではありますが…やってみないとなんとも言えませんよね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
三菱商事株式会社(みつびししょうじ、英語: Mitsubishi Corporation)は、三菱グループの大手総合商社である。 ウィキペディア
時価総額
4.55 兆円

業績

日本電信電話株式会社(にっぽんでんしんでんわ, にほんでんしんでんわ、英語: Nippon Telegraph and Telephone Corporation、略称: NTT)は、日本の通信事業最大手であるNTTグループの持株会社。持株会社としてグループ会社を統括するほか、グループの企画開発部門の一部を社内に擁し、規模的にも技術的にも世界屈指の研究所を保有する。 ウィキペディア
時価総額
10.9 兆円

業績