新着Pick
457Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
技術だけでなく、運用も含めた事業経験がないと、AMRなどの新しい仕組みを生み出すのは難易度が高い。日本のベンチャーでというのに加え、日本の大企業が、海外からでも経験あるチームを招いてパートナーシップを組む流れがもっと加速されるといいですね。

"eコマースの利用拡大で物流量が増える中、人手不足によってもたらされる物流崩壊の危機のことだ。だが、ロボット大国を自認する日本で、実は物流用の搬送ロボットはほとんどが海外製と、お寒い状況だ"
久しぶりに、日本の記事読んで、とても元気になった。

海外でも活躍できる外国人の方が、
日本で起業して、
成功され、
グローバルを目指す。

こういう事例が増えていくと、日本がもっと活性化すると思う。
私もAMRはトレンドになる様に思う。
言い換えれば、ピッキングはコストと性能の
バランスが困難なのだと思う。
日本を選んだ理由が面白い。社会課題先進国である日本が世界に先駆けて直面するテーマと、日本人・日本企業の良さがマッチするところに、多くのビジネスチャンスがあります。

(抜粋)
海外では「ロボットに仕事を奪われる」という考えが、新興国のみならず、先進国であっても根強く残っている。そんな中、日本には「ロボットと共存する」というマインドセット(思考様式)がある。これが、ラピュタが日本でビジネスする最大の理由だ。
「昔から『ガンダム』が人気なように、日本はロボットに対する愛情が深い国です」

しかも、主な働き手となる15~64歳の生産年齢人口は、現時点で約7500万人。それが2040年には約6000万人と、約1500万人減る。体力仕事の物流業界は、その減少の影響をもろに被ると予想されている。
「だから、日本は世界で一番ロボットを導入しやすい国なんです」
物流ロボットが日本から出てこなかった理由はなんでなんでしょうか?

高い人件費、物流のクオリティに対する厳しさ等を必要性はあったところを、優秀なマンパワーでほぼ間違いなく翌日配送する仕組みを既に構築してしまっていた、という感じのジレンマだったのでしょうか?
多種多様なロボットをアプリで協働させる。この発想はおもしろい。
ロボットに仕事を奪われるのではなく、ロボットと人間が共存していくという考えがいいですね。
この連載について
テクノロジーの話題に関する特別レポート
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
103 兆円

業績

株式会社ニトリホールディングス(英語: Nitori Holdings Co., Ltd.)は、主にインテリア(家具)の小売業等を展開する日本の持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
1.71 兆円

業績