新着Pick
63Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
映画の版権を担保に資金調達もできるので事業にレバレッジを掛けることも可能と思われる。

http://j.people.com.cn/94476/7236526.html
中国では、海賊版だけでなく、映画館でビデオで撮影したものがインターネット上で流れているようです。

その中には中国の映画館で見られないから、ビデオ撮影版に流れている人たちもいるかもしれません。
これは中国だけでなく、他のアジア諸国でも同じなのではないかと思います。

正当に輸出し放映することで、不正な著作権の利用を無くし、日本のソフトが正しく配信され、収益化されることを望みます。
多くの中国人は、ネットなどでは一度ドラえもんを見ていた。
しかし、やはり金を払って本当の映画を見たい。
ドラえもんを映画館で見る人は非常に多い。
代理店から興行主に。中国市場にリスクを取りに行くと。ぼくもエンタメ事業は技術と中国、この2つにどう向き合うかしかないのではと考えます。
来年1月、オリックスが日本映画のライセンス事業に参入するとのこと。
「20年夏に日本で劇場公開が予定される「STAND BY ME ドラえもん2」などの現地での配給権を取得する交渉を進めている」
【「STAND BY ME ドラえもん」再び映画化!3歳ののび太と亡きおばあちゃんの物語】
https://newspicks.com/news/4457180
日系企業にありがちな「アプリケーション(コンテンツの単品売り)」にならないよう「プラットフォーム(包括的なサービス)」として扱っていただきたいです。そうしないと、もったいない商売になってしまいます。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
オリックス株式会社(英語: ORIX Corporation)は、大阪府大阪市に本社を置く、日本の大手総合リース企業である。祖業であるリースをはじめ、不動産、銀行、クレジット、ベンチャーキャピタル、プロ野球球団(オリックス・バファローズ)など多くの事業を手掛けており、グループを通して多角的金融サービス業を提供している。 ウィキペディア
時価総額
1.70 兆円

業績