新着Pick

【2019総括】ラクスル/Chatworkが激白するベンチャー上場の資本戦略

NewsPicks Brand Design
383Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
一般論としては、上場して何度かの本決算を越え、有言実行の経営を繰り返してからようやく、その会社の業績見込みのクセや経営戦略、そして何より経営の哲学が資本市場に評価・浸透されていくのだと思っています。

——
自分の場合は、勤務する会社が上場して3回目の本決算を発表(期初の業績見込みを3年連続で達成。翌期も増収増益見込み)したところで、「そろそろ資本市場との信頼関係ができてきたかな」と個人的に思っていました。しかし、資本市場の評価は全く逆で、決算発表直後からストップ安になるくらい株価が下がりました。
大株主の機関投資家のファンドマネージャーからは、「ミスターマーケットは御社の評価に悩んでいますね」とのコメント。

その後の半年間でいくつか事業の進捗をご報告できたところ、株価は回復しました。

自分の甘い予想は当たらないので、私は未だに四半期の決算発表ごとに緊張します。
海外投資家の立場から言うとChatworkのIPOは大失敗ですよ。バリュエーションが強気過ぎたので参加してませんが、あれで良かったと言われちゃうとなぁ…経営陣に対する信頼性が低いのよ。

個人的には時価総額500億円以下のサイズのIPOはやめて欲しいのよね。
IPOを目指すスタートアップのマネジメント、特にCEOとCFOは意識すべきラクスル永見CFOの金言です。企業ステージ、ディール特性、市場環境を踏まえたオファリングストラクチャーとシンジケートストラクチャーの構築に加えて、IPO後を視野に入れた資本政策とIRが肝要です。各ディールの検証は表面のみならず、実情を踏まえて参考にするべきと考えます。

以下引用
CFOの立場である人は、最後まで考え抜くべき。今日お話ししているラクスルについても、1つのケーススタディとしては研究する価値があると思います。でも逆に言えば、その程度の価値。事業も違えばファイナンスも違いますし、この2019年までと、2025年まではマクロの市場環境がぜんぜん違うと思います。
あのCB、いまだに不要だと思うのですよ、ラクスルさん。
ラクスルとChatworkいずれもGMO VenturePartners投資先!
オーナーシップに関する考え方が創業者とalign出来るかどうかは事業戦略としてもチームアップの観点からも超重要です。
2社とも投資先行なので利益はあまり出してないですが、バリュエーションが高すぎて正直買えないです。
また、個人投資家が多そうなので、株価のボラティリティも激しそう。
この連載について
ビジネスに携わるすべての人を支援するアメリカン・エキスプレスが、読者と一緒に作り上げる、スタートアップ応援プログラム。

業績