新着Pick
433Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2020年のアマゾンを占う3つのポイントとして以下を指摘いたしました。

最重点領域のキーコンセプトは「MARS」(AI・自動化・ロボット・宇宙)

アマゾンは「2つの宇宙」の制覇を目指している

創業以来ベゾスがこだわってきた「3つの変わらないもの」はさらに先鋭化する

Amazonは、「ビッグデータ×AI」を武器に徹底した顧客第一主義を追求し、優れたカスタマー・エクスペリエンスを顧客に提供してきました。

一方で、「Death by Amazon」といわれるように、小売事業者のみならず地域経済を破綻に追い込むという批判も浴びている。

Amazonなどもをターゲットとしたいわゆる「プラットフォーマー規制」が各国で検討されており、その動向が同社への大きな脅威となることは確実です。

しかし、その規制以上にAmazonにとって大きな脅威となり得るのは、顧客の支持が失われることであると私は考えています。

「Death by Amazon」として小売業者から恐れられているように、「Amazonプライム中毒」にかかっていると自覚した顧客からも脅威と捉えられ、「要塞としてのAmazon」に居心地の悪さを感じるようになることこそが同社にとっての最大の脅威ではないでしょうか。

マーケティングやブランディングにおける要諦とは、「強く、好ましく、ユニークであること」が三拍子そろうことであるとされています。

「好ましい」かどうかとは、顧客から受け入れられ、共感されるのかを意味している。確実に「強くてユニークな」Amazonが、「好ましい」存在であり続けることができるのか。Amazonからは2020年も目が離せそうにありません。
Amazonが社をあげて集中する領域の「MARS」。流行りを追うだけの企業と違うのは、これらは目指すものでなく、あくまで手段だと認識しているからに感じます。

ベゾスが1997年の株主総会から最も大事だと伝えているのが、3つの変わらないもの:安さ、品揃え、速さ。

昔のインタビューでも、10年後の世界はどう変わっていますか?とよく聞かれるが、それよりも変わらないものを追求することが大事だ。と発言しており、これは新しい世界観でも方向性を失わない土壌になっていると思います。
「地球上で最も顧客第一主義の会社」これがアマゾンのすべてだと思います。そのDNAが全社に行き渡っている。だからすべての分野で革新的なサービスが生まれている。
1960年代にアポロ計画で月を目指し、その後、火星を目指したアメリカ。
そのアメリカを代表する企業が、「MARS」へと突き進む必然。
宇宙の先にある「新大陸」を目指す姿は、アメリカという国の物語を再生しているかのよう。
Manage All Round Services
Amazonにとって最終目標は何でしょう?
多くの巨大テック企業は徐々に差がなくなって来ているように見えるのは私だけでしょうか。
車の方ではない、Amazonが注力するMARS。
これらはいずれも当面果てることのないUltra large scaleする技術やそれを応用した領域ばかり。
Amazonのしたたかさがどのタイミングで顧客に "ウザい" と思われてしまうようになるのか、田中さんの読みに共感します。
中毒性が高すぎるものはどこかでブレーキがかかり、逆流的に顧客離れを引き起こすということは過去をみると確かにありました。どれだけ利便性やメリットがあるものであっても、人は平衡を取りたくなるのかもしれませんね。今現在のAmazonにはその気配はまだまだ感じませんが。
amazonが一番恐れる顧客から「必要とされ、愛される企業」であり続けるために、顧客ではない人たちから、かなり嫌われてもブレずに今のまま走りつづけるでしょうね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
この連載について
2010年代は、多くの大企業がビジネスモデルの変革を迫られ、新たな産業が勃興した。2020年代には、どんな変化が訪れるのか。先行きが不透明なビジネスの最前線を、有識者たちの予測で見通す。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
135 兆円

業績