[ロンドン 19日 ロイター] - 英国は19日、中国に対し、香港のデモ参加者と対話し、香港の「高度の自治」を1997年の返還以後50年間保証した「中英共同宣言」(1984年12月19日調印)を順守するよう求めた。

ラーブ英外相は、共同宣言の調印記念日に際し、「香港は、返還以来最も激しい混乱の時期を経験している」との声明を発表。「英中合意は、香港の高度な自治、権利と自由は50年間不変であると明記している」とした。

さらに、「表現の自由に対する権利、司法の独立、法による秩序などを中国が順守することが、香港の繁栄と生活様式にとって不可欠」と指摘。英国はこれらへの取り組みを重視しており、「香港の将来の成功と安定を保証する唯一の方法は、これらを尊重することと、香港市民の正当な懸念に対し、意味のある政治対話を通じて応えていくことだ」とした。