新着Pick
190Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
キリンは、業績絶好調にも関わらず45歳以上(40歳以上でしたっけ)の早期退職勧奨を行いました。

トヨタもトップが「終身雇用は維持できない」と宣言しました。

役に立たない従業員は放り出して、役に立つ中途採用者を大切にするという、「会社一家」からの脱却を狙っているのでしょう。

しかし、これはあくまで会社都合。

他の会社も追随する可能性が高いとなれば、従業員としては他社でも通用するスキルを持っているうちに転職するのが最良の戦略です。

自分の市場価値が今の会社より高いと思えば、両天秤にかけるくらいのしたたかさが必要でしょう。

守ってくれない以上、忠誠を尽くす必要もありません。
トヨタの方法論は、外部から解明が進められ続けているが、だれもトヨタになれない。それは、一番真似できない文化の話に帰着する。

との話を聞いたばかりなので、中途の割合を増やし、イノベーションのためのダイバシティを取り込んだときに、その文化をどう作り続けるのか、に興味があります。
「競争力を何とか強化したい日本の企業は、外部から多様な人材を取り入れて、硬直した人事制度や企業風土を変えなければならない」
内向きの同一性の強い日本の企業文化では、グローバルで革新のスピードの速い競争に勝てない。
プロパーと中途採用のグッドミックスによる企業文化の進化を期待する。
今月発表されたトヨタの幹部職人事では、組織の再編を合わせ各々が専門性を磨き、50歳を超えても現場に近い指揮官として機能するよう適材適所の異動が行われました。
課長以下も大幅に担当が動いています。会社を離れるまで「バッターボックス」に立ち続けることを求めています。
まさに会社のプロが淘汰されて仕事のプロが生き残る時代ですね。今の会社の制度やルールの中でしか通用しない働き方から脱却しないと、年齢関係なく淘汰されてしまいます。

「この会社で働かせてもらう」ではなくて「働く場所は今はここ」位の感覚で、会社を軸にするのではなくて自分自身を軸に働く感覚が重要かと思います。
そもそも新卒採用でなければいけない理由は何か?新卒とか中途とか、性別や国籍とか、そういうことではなく、自社が掲げるミッションビジョンに共感しつつも、いかに多様なバックグラウンドを持ちながら、共創していけるか。共創の中で高め合える場をつくるか、会社はそういう場の中にある個人や組織の何に報いるか。そういうことを考え、アクションし続けなきゃなぁと。
中途採用者こそ日本における最大の多様性。女性だ外国人だとばかり言っている場合ではない。要は、新しい目線をいかに多く持てるかということ。
全く個人的な見解です。

「中途採用」であれば、「良い人材」とは限りません。

「中途採用」でも「新卒叩き上げ」でも、「良い人材」はいますし、そうでない人もいます。

「中途採用」の人材は、「自分たちの知らない世界の言葉」で話すので、それに惑わされてしまい、「わからないから、とりあえず、やらせるか、言うことを聞く」といったこともやりがちです。

「良い人材」なら良いのですが、そうでない人の言うことを真に受けたら、数年後に酷いしっぺ返しを受けることになります。たいていの場合、その時には、もう、その「中途採用」の人はいません。

逆に「新卒叩き上げ」で、ずっとその企業にいる人材に関しては、「上から目線」でみることが多く、実は「中途採用」の人材よりも、革新的なアイデアや意見があったとしても、それを真面目に聞こうとしないことが多々あります。

「中途採用」でも「新卒叩き上げ」でも、よく「その人」を見て判断することが一番大事だと思います。

「新卒叩き上げ」で自社の強みと弱みを熟知し、更に革新的な思考ができる人を大切にしなければ、その人材は、他社に獲られることになります。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
新卒は即戦力にはならないものの、文化を紡ぐという意味では物凄く重要な手法です。

中途採用が50%になったとき、文化維持をどう考えているのかは色々な会社に聞いてみたいと思っています。
人生いつも氷河期。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
23.1 兆円

業績

キリンホールディングス株式会社(英語: Kirin Holdings Company, Limited)は、飲料事業会社の麒麟麦酒株式会社を中核とする、キリングループの持株会社(ホールディングカンパニー)である。三菱グループの一員であり、三菱金曜会・三菱広報委員会の会員企業である。東京証券取引所第一部上場。日経平均株価採用銘柄。 ウィキペディア
時価総額
2.13 兆円

業績