新着Pick
44Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
グローバル展開を考えた時にNetFlixはやっぱり強い。当たり前ですが日本国内だけをマーケットとするのかグローバルで勝負するのかによって変わりますよね。
日本のコンテンツホルダーはチャンス。NetflixやYouTubeを活用すれば海外展開ができる時代。
なるほどなぁ。
嵐のネットフリックス独占配信は本当に驚きましたが、世界展開を考えたらある意味当然ではありますね。
ジャニーズ事務所側からの提案というのが凄いです。
ひょっとしたら年始に、こんまりメソッドが世界を席巻したのも、ジャニーズ事務所にとっては大きかったのかも。

ちなみに記事にある、テレビが一部屋に一台から一家に一台に戻ってるというのは納得感あります。
実際、うちの息子も、タブレット端末やノートパソコンがあれば、YouTubeもNetflixも、Amazonプライムビデオも観れるので、部屋にテレビ欲しいとは言わないんですよね。

私自身は自分の部屋にテレビ欲しくても買ってもらえなかった世代ですが、自分の子供の世代が欲しいと言わなくなるとは思ってませんでした。

そういう意味では世界展開だけでなく、若い世代に観てもらおうと思ったらテレビではなくYouTubeやNetflixなどのネット動画配信がファーストチョイスになる時代が見えてるわけで。

地上波のネット同時配信にいつまでもブレーキをかけてると、日本のテレビ局全体がアイドルやアーティスト、そして視聴者にとってのセカンドチョイスになりかねない気もします。
「世界へのスケール」を考えると、Netflixを選ぶしかないですよね。

「まだまだテレビだ」と言われていた業界の「ベルリンの壁」に亀裂が生じたのが、この「嵐、ネットフリックス独占配信」でしょうね。

強固な壁も、一旦亀裂が入ると、一気に崩壊する可能性が高いです。
後世で振り返ると、これが「終わりの始まり」かもしれませんね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
Netflix(ネットフリックス、ナスダック: NFLX)は、アメリカ合衆国のオンラインDVDレンタル及び映像ストリーミング配信事業会社。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、FAANGの一つである。2017年12月の時点で190ヵ国以上で配信事業を展開し、2018年の売上は157億ドル(1.57兆円)、契約者数は世界で1億2500万人。 ウィキペディア
時価総額
23.5 兆円

業績