新着Pick
67Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
がんの病理診断、判別というのは、医療の世界の中でも人工知能がとても馴染むところです。人工知能の適用により、迅速で一貫性のある診断や判別が可能になるでしょう。

一方で、がんの病理診断には、いわゆる”gold standard”が欠けていることも多く、専門家同士でも意見の分かれる「グレー」なケースも多々あり、この場合、現代の防衛医療を反映して、過剰診断になる傾向が指摘されています。

すなわち、サンプルを機械学習させた時点で、人工知能もまた過剰診断をする傾向を習得している可能性があり、そのメリットと合わせ、より迅速に一貫性のある過剰診断が生まれ続けるというリスクと隣り合わせです。

技術を過信せず、素早く一貫性があるという利点とともに、過剰診断の増加というようなリスクについても、医療者、患者がともに十分に理解しておく必要があると言えます。
AIを使って前立腺がんが再発するかどうかを高い精度で予測する手法を理化学研究所などのチームが開発したとのこと。ジャーナルはネイチャーコミュニケーションズだそうです。