新着Pick
212Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
三菱電機では2014年以降、新入社員が自殺したり、精神障害を発症したりするケースが判明するのは3人目になります。

今回の件で、三菱電機グループの社員さんに少しお話を聞かせていただくことができました。
年に1回、三菱グループでは、働く環境についてなどを考える「安全衛生講習」というものがあり、必ず受けるよう言われているそうです。
社内でも労働環境について、気を付けるようにという注意喚起はされているということですが、グループ全体でこのようなことが続いていて非常に残念だと。
もちろんグループ全体がそういうわけではないし、部署やチームによって違いはあるということですが、厳しい環境になってしまっているという話は噂で入ってくるそうです。
プロジェクトのスケジュールなど、結構カツカツで追い詰められるケースもあり、過重労働をせざるを得ない場合もあるそうです。

捜査中のためだからなのかもしれませんが、「会社側から遺族は謝罪を受けていない」というのが気になります。

↓厚労省も動きを見せています。↓
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191217-00000081-mai-soci

再び起きてしまった今回のことを、三菱電機側はどのように捉えているのでしょうか。
親戚も三菱電機に技術職として入社して、上司からパワハラを受けて転職しました。
転職前は精神的におかしかったそうです。
20年以上前の話ですが。

昔から変わってないのかな、という悪い印象しか受けません。
毎日のように死ね死ねと言われても私があまりに平然としていたので、逆に上司の方が参って追い詰めてしまったことがあるので気をつけています。
三菱電機の経営層はNPを見たりはしてないかもしれないけども、こんなニュースが出てしまったことを恥ずべきことだと理解して、2度と起こらないようにするためにどうすれば良いかを徹底的に考えて対策を早急にとり、それを社内外に発信して欲しい。

パワハラも去ることながら、関連会社を含めて何回も自殺が続いてるのに改善される様子が一切無い。

教育を受ける側の人間に対して、死んだ方がええんちゃうとか言ってしまう状態を放置してしまう、というのは個々の社員教育も去ることながら、職場の雰囲気だとか、風土まで完全に蝕まれており、スーパーブラック企業であることを意味してしまっている。その職場だけ、その部署だけ…の問題では無く、こういう事案が頻発してるのだから、改革、改善に着手しない経営層が、こうした問題を個別の事案として捉えてしまっているのだと想像できる。

天下の三菱だから、謝罪とかもされないんでしょうけど、消費者は残念に思ってると思います。
果たしてこの労災申請が、三菱電機の企業風土を変えることになるのか.....ご冥福をお祈りするのみです。。
三菱電機、新入社員が自殺 「死ね」記したメモ残す(朝日新聞デジタル、12月07日)
https://newspicks.com/news/4443434
・・記事「三菱電機ではこれまでに、技術職や研究職の男性社員5人が長時間労働やパワハラを原因として精神疾患や脳疾患を発症し、うち2人が自殺。2014~17年にそれぞれ労災認定された。また、子会社の新入社員が17年に自殺し、今年10月に労災認定された」・・

過去に何度も同種の事例が発生しているというのにそれを許す会社風土を放置してきた経営陣がクソだとしか言いようがない。マスコミも季節外れのお花見の名簿の行方の追及ではなくこういうクソ会社の経営陣を徹底的に追及してみよ。それとも広告収入が心配だとでもいうのだろうか。

社員もとっとと逃げよ。逃げる方法を学べ。逃げる方法を探せ。相談できる仲間や組織を頼れ。それがいないのならば恥を捨てて親や兄弟や親戚を頼れ。そしてどこやらのメディアの語る理想論なんぞに振り回されるな。

そして大学で盛んなキャリア教育においてはどうやって危ない会社かを見抜く方法を教えよ。どうやって逃げたらいいかを就活生に教えよ。危険な企業のブラックリストを作って開示せよ。生活を維持するためにどうやって雇用保険を請求すればいいかまで教えよ。求人票の見方すら教えずに「自己実現が大事だ」だの「やりたいことを仕事にせよ」だのと綺麗事ばかり語るな。現実を語れ。

親御さんはどんなお気持ちだろう。やりきれない。せめて経営者として自戒したい。
三菱電機株式会社(みつびしでんき、英語: MITSUBISHI ELECTRIC Corporation)は、日本の大手総合電機メーカーであり、三菱電機グループの中核企業。同社は、1921年(大正10年)1月15日に三菱造船電機製作所(神戸)より分離独立する形で設立された。 ウィキペディア
時価総額
3.40 兆円

業績