新着Pick

いすゞ、ボルボと包括提携…トラック次世代技術で協力

読売新聞
商用車国内大手のいすゞ自動車は18日、スウェーデンの商用車大手ボルボと包括提携する方針を固めた。トラックの電動化や自動運転など次世代技術で協力する。  午後に都内で両社が記者会見を開く。いすゞは片山正則社長が出席する。
222Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
15時に下記開示(記事は14時)。
歴史としては、いすゞは元々GMとの関係が深かったが、GMの経営危機の中で2006年にGMが売却、前後してトヨタや伊藤忠・三菱商事が株主として入った。ただトヨタは2018年に保有株を売却。もともと日野がトヨタグループ下にあったので、むしろ2006年の業務資本提携がイレギュラーにも思う、統合するかやめるかどちらかでやめて、日野はVWと提携交渉に入っている。
なお、現在も三菱商事は7.5%、伊藤忠は6.2%の株主。

日野は今回、Volvoと提携。Volvoは、乗用車ブランドはあるが、それは中国Geelyに売却済みで、今はトラックや建機に集中。売上約5兆円、時価総額約3.5兆円(いすゞは売上約2兆円、時価総額約1.2兆円)。なお、業務提携はなく、資本提携はない。
Volvo傘下のUDトラックスは、もともとは日産ディーゼル。いったん日本の2社を統合して、重複部分を削るなどして収益性を上げに行く計画だろう。開示には「譲渡」とあり、それをキャッシュでやるのか、株式交換などでやって業務提携だけでなく業務資本提携にまで行くか。そこらへんも今後注目。

開示:https://www.isuzu.co.jp/press/2019/12_18.html
いすゞから見ると事業でバッティングの少ないボルボと業務提携をむずぶ、その契機として国内とアジアのUD事業を買い取り現金を支払う(事業価値は2500億円程度の模様)、その後、CASE対応を両社で進めるという動きですかね。資本提携の実をどう出すかが鍵かと思います。
 ちなみに人手不足でトラックの自動隊列走行は日本で喫緊の課題になっているとのこと。思ったよりも早い成果が求められている気がします。
・UDトラックス(旧日産ディーゼル工業)の全株式を取得。
・いすゞはUD株式などの事業価値を約2500億円と見込んでいる。
・買収価格は今後詰める。
https://newspicks.com/news/4472753
いすゞと言えばトラックなんですよ、メリケンでは 小型ですが
寡占が進んでいきますね。市場は、プレーヤーが多い方が良いのですが。

業績

いすゞ自動車株式会社(いすずじどうしゃ、英語: Isuzu Motors Limited)は、主にトラック・バスといった商用車を製造する日本の自動車メーカーである。1916年(大正5年)創業。1971年(昭和46年)から2006年(平成18年)までアメリカのゼネラルモーターズ(GM)がいすゞ株を一部保有しており、GMの関連会社だった。 ウィキペディア
時価総額
6,069 億円

業績