新着Pick
131Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「新聞は前年度調査より0・7点下がったが、NHKは2・3点も下がっており、下げ幅の差で順位が入れ替わった。同調査会の倉沢章夫編集長は「N国党の訴えが、有権者などの信頼感を引き下げた可能性はある」と分析」

ということなので、「めでたさも中ぐらいなりおらが春」でしょうか。この調査は訪問留置法で大規模に行うもので世論を正確に映していると受け止めています。一方で、いつも思うのは、新聞は「紙」、NHKは「電波」という媒体を前提としていた時代からの質問なので、新聞とNHKがネットに流しているニュースの信頼度がよく見えないという思いがあります。
何はともあれ「信頼」はジャーナリズムの最高最大の資産です。「微減だか高水準」という現状から「信頼が増加に転じる」状況をつくりたいです。
標本誤差を考えると、この変化が有意差といえるのかという感じはします。いずれにしても新聞とNHKは相対的に同程度で推移しているということでしょう。ネットの比重が高まったいま、信頼度をいかに高めていくかということは、こうしたデータとは関係なく、私たちに課せられた大きなテーマだと思っています。
記事にある通り、さまざまな要因でNHKの信頼度下げ幅が新聞の信頼度低下幅を上回ったという事情なので、新聞の信頼度をどう上げていくかは引き続き課題ではあります。
フェイクニュースが深刻な問題になる中で、「確かなコンテンツへの期待」は確実に高まっており、伝統メディアがこれまで培ってきた力を発揮すべき時だと思っています。ここでカギになるのは、記者一人一人が、だれに、何を、どう届けるかを考えるエディターシップを磨いていくこと。読者の信頼を勝ち得るにはそれが不可欠の道だろうと思います。
いわば減収増益⁈ それにしても、ずっと新聞がNHKより下だったとは、恥ずかしながら知らなかった。
民放やネットに比べれば、NHKや新聞に対する信頼は高いのでしょうねえ。

その二つに共通するのは、有料だということ。

「お金を払って得た情報は価値がある」
と思いたくなるのが人間心理です(笑)

NHKラジオという指標も入れてみると興味深い結果が出るかもしれません。
ラジオは無料だけどテレビは有料。

違いが出れば、私の意地悪は仮説が当たっていることになります。
メディアの信頼度の調査ですが、テレビはNHKと民放に分かれているのに新聞は一つのカテゴリーなんだろう?
新聞の中でも信頼度はかなり差はあると思うのですが…
あと、最近は、特に民放でバラエティ番組に出る人たちが政治問題や国際外交問題などを取り上げていて、たまにチャンネルが合ってしまうと観ますが、観るに堪えないレベルのものが多いですよね。

メディアへの信頼度ですが、悪意あるFakeニュースは別として、誤報だった場合の修正が迅速かつ丁寧に行われるか?というのも信頼度に影響すると思います。その点が、雑誌やインターネットが新聞やテレビにまだ敵わない部分ではないかと思います。
ネット、とりわけSNSでは、人は自分の意見とあった記事ばかり読む傾向がある。フォローやブロックといった仕組みがさらにそれを助長する。かくしてネットは分断の助長装置になる。
新聞の情報を信頼する、NHKの情報を信頼する、という話と1つ1つの事実をどう読むのか、というのは別の話にしないと危ないですね。ネットの場合はそもそも事実なのかどうかを疑って読まないといけないのでとても疲れます
ここで新聞と言うのは紙の新聞なのか
ネットに掲載された新聞の記事なのか、
気になります。
もしそれが前者であり、それを週に何日か
読んだりする人が66.5%もいるとすれば
驚きと言う他は無い。
1951年9月1日、名古屋の中部日本放送と大阪の新日本放送(毎日放送)が、日本初の民間放送(ラジオ)として開局した。この頃、単なる放送施設だったNHKに対して、新聞社をバックに持つ民放は質の高い報道が売り物で、「報道は民放、娯楽はNHK」と言われていた。しかも、当時の民放ラジオは、報道の自立性を確保するため、スポンサーなしでニュース番組を1日に何本も放送していたのだ。当時のメディアの頑張りは、どこへ行った……。