新着Pick
487Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
激しいバッシングを受けながらも、よくぞ闘い抜いたと思います。毎日新聞をはじめ多くの記者が彼女から取材しています。その中で被告の男性の主張に説得力があると感じたという話は、私の知りうる範囲ではありませんでした。いったん警察が逮捕を決断したように、彼女の主張にはより説得力があり、裁判所にも採用されました。性被害者に冷たいとされる日本社会の意識を変える契機をつくったと思います。私は拍手を送りたいと思います。お疲れ様でした。これからジャーナリストとしてのさらなる活躍を期待します。

この記事で「判決公判」とありますが、「公判」は刑事裁判でしか使わない言葉です。民事の場合は「判決の言い渡し」です。蛇足ながら。
山口氏の不法行為責任を認め、伊藤氏による名誉毀損は認めず。そもそも意識を失うような泥酔状態で同意もくそもないと思われるがいかがか。
強制性交罪(かつての強姦罪)の、刑事実務での事実認定は極めて困難です。

刑事事実認定のテキストでは、2つの章を割いているものもあります。

合意の有無が最大の争点で、場所、行為後の両者の態度等様々な事情が斟酌されます。
(例えば、行為後に普通に連絡を取り合っていたなどの事情があると、合意があったと認定されるケースがほとんどです)

民事事件では刑事事件のように「合理的な疑いを差し挟む余地がない程度」に立証する必要はありませんが、当事者の名誉等を考えると認定の困難さは相当程度のものでしょう。

民事事件の控訴審は「続審」(つまり第一審の続きをやる手続)なので、伊藤さん側も油断はできません。

就職の相談に行ったという弱い立場を逆手にとったとしたら、極めて卑劣な行為ですが、まだ判決は確定していません。
声を上げることが。この国でも無駄ではないと証明してくれた伊藤詩織さんの勇気に敬意を評します。伊藤さんの告発から長い道のりがありましたが、日本の#metooの盛り上がりは伊藤さんからの「勇気の連鎖」の結果です。

彼女は激しいバッシングを受け、英国の人権団体の支援で英国に住んでいます。日本でこのような告発をすることは、日本に住むことすらできないという重いことです。しかしこの間彼女はプロのジャーナリストとして着実に成果を出してきた。日本では「性暴力被害者」として受け止められていても、海外では数々の賞を受賞した映像作家として受け止められています。
「2018年度ニューヨーク・フェスティヴァル」において、ディレクターを務めた「Undercover Asia: Lonely Deaths」(チャンネルニュースアジア制作)がドキュメンタリー部門銀賞、カメラ担当の「Witness - Racing in Cocaine Valley」がスポーツ&レクリエーション部門銀賞を受賞した」(Wikipediaより)などの業績が評価されています。

この判決は日本の性犯罪における大きなターニングポイント。今後被害にあった女性も男性も「あなたに落ち度があった」とは言われずにすむ。みなさんのお子さん、友人が同じ目にあったとしたら・・・この判決の意味は大きいです。
勝訴して良かったのですが、こんなひどい目に合ってたった330万円の支払いとは少なすぎます。もしアメリカだったら。。。と思ってしまいます。
泣き寝入りしなかった彼女の勇気が日本社会の意識変化に活かされますように。
山口さんとは面識ないけど、テレビなどのメディアを通じてニアミスすることが何度かあって、彼の担当者が多くのケースで悪口を言いまくっていたことが印象的だった
この判決は間違いなく性暴力被害問題のティッピングポイントになるだろう。
裁判の判決にはマジかーってガックリするものも最近多いけど、これは本当に良かった!おめでとうございます!
必要な立証の程度やら、過失も違法となるかどうかやら、刑事と民事の違いはありますが、本件、刑事事件としては逮捕が急に取りやめになり、立件すらされてないですからね。
この件は以前アメリカでも、ニューヨークタイムズが取り上げ、大きな話題を呼びました。その際に記事を読んだアメリカ男性が、記事についてコメントする企画をやったので、貼っておきます。男性側には手厳しい指摘でした。

https://bizseeds.net/articles/622
いわれのないバッシングの中で戦い続けた伊藤さんがようやく勝ち取りましたね。
性被害を訴えても、加害者側が強い姿勢で争ってくると、弱者である被害者は訴えを取り下げざるを得なくなる危険性があります。
個別のケースとして捉えるのではなく、そういった大きな社会問題に風穴をあける判決だと捉えています。
株式会社東京放送ホールディングス(とうきょうほうそうホールディングス、英語: Tokyo Broadcasting System Holdings, Inc.、略称:TBSホールディングス、英字略称:TBSHD)は、日本の認定放送持株会社、また当社を中核とするTBSグループの統括会社である。 ウィキペディア
時価総額
3,816 億円

業績

関連記事一覧
伊藤詩織さんに対する発言に、杉田水脈議員「私の表現の拙さ」
ハフポスト日本版
16Picks

伊藤詩織事件で残るTBSへの疑問
アゴラ 言論プラットフォーム
13Picks

伊藤詩織さんの「勝訴」になぜ世界は騒ぐのか
東洋経済オンライン
12Picks

山口敬之氏、性被害者の伊藤詩織さんを批判し続ける理由…「復帰への期待」と「特権意識」
ビジネスジャーナル
8Picks

山口敬之さんが会見、「官邸の働きかけがあったか?」海外記者からの質問に何と答えたのか
ハフポスト日本版
7Picks

伊藤詩織さん「勝訴」 連れ込む山口記者の姿を目撃…控訴審でカギを握る「ドアマンの供述調書」
デイリー新潮
7Picks

伊藤詩織さん「勝訴」!敗訴の「山口敬之」 TBS退社後を支えた美味しすぎる“顧問契約” 菅官房長官の口添えも…
デイリー新潮
6Picks

伊藤詩織さん勝訴、誰もが知っておくべき判決の「最重要ポイント」
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
4Picks

伊藤詩織さん訴訟 裁判所にバッサリ切り捨てられた「山口敬之」記者の供述を検証
デイリー新潮
3Picks

伊藤詩織さん勝訴 「性暴力被害」裁判、山口敬之さんに330万円賠償命令
弁護士ドットコムニュース|話題の出来事を弁護士が法的観点からわかりやすく解説するニュースコンテンツ
3Picks