新着Pick
230Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
悲観論一辺倒になりそうなので、あえて異なる視点を。

「ユニコーン」を字義通りバリュエーション1000億円(10億ドル)以上の未上場企業と捉えると表題の通りですが、一方で時価総額1000億円以上の成長志向あると思しき新興企業と捉えると、メルカリ、Sansan、freee、弁護士ドットコム、マネーフォワード、ラクスル、SHIFT、UUUMなど、条件に合致しそうな若い上場企業がそれなりに存在します。
日本の場合は非常に上場しやすいマザーズが、いわばレイトステージVCの代替機能を果たしており、多くのスタートアップが比較的早い段階で上場する傾向にあります。
「ユニコーン」を杓子定規に捉え、一概に他国と比較すると、大局を見誤ります。

「ユニコーン」という言葉がなぜこれほどまで取り沙汰されているのか、その意味を改めて考えてみると、世の中に大きなインパクトを及ぼすスタートアップが重要だからであって、上場か未上場かは本来関係ないはず。そこを履き違えてはいけないでしょう。
逆に言えば、どれだけユニコーンが増えたところで、それらが上場後に失速するのでは意味がありません。
それはただのミスプライシングであり、バブルです。

この点、「ユニコーン」という言葉がキャッチーであるがために、ともすると一人歩きして、政策的に「バリュエーション1000億円以上の未上場企業を増やすこと」が目的化しかねない今の状況に、危なっかしさを感じます。
早晩、こうした事例が出現するであろうことを、ここに予見しておきますね。

上場/未上場の区分というのはあくまで資本のロジックであって、事業のロジックではありません。
Post-IPO/Pre-IPOの区分を跨ぎ、スタートアップの成長を促す策こそが重要だと私は考えますし、そうした考えに即して活動しています。

そのうえで、Post-IPOスタートアップを加味してもなお、日本には「ユニコーン」が少ないと言われると、それはその通りでしょうけどね。
「素早く行動し破壊せよ」
この昔のFacebookのモットーが近年のプライバシー問題の引き金になったのではないかという考え方もあります。
破壊の為の破壊ではなく、自分たちが作るプロダクトが社会にどう影響するのかを考慮しながら作らないといけない時代に突入してきたと感じます。
それについて私が書いた記事はこちらです。
https://www.businessinsider.jp/post-203186
新卒一括採用と厳格すぎる解雇規制がある日本では、リスクをとってスタートアップを起こすのにとても勇気がいります。

実際、新卒で大企業等に入らないと、その後入社できるチャンスはほとんどなくなってしまいます。

一度入社してしまうと、ムラ社会のしがらみに取り込まれてスピンアウトが難しい。
家族を持って住宅ローンを組んだ日には、ますます辞めにくくなります。

そして40代になると、早期退職勧奨をされてしまう。

人材の流動化をもっともっと促進しないとユニコーン企業は増えません。

そのためには、新卒一括採用をやめ、厳格すぎる解雇規制を緩和・撤廃することが大切だと考えています。
まあしかし、ソニーやトヨタだって昔はスタートアップだったわけです、日本が焼け野原だった頃の。日本は幸せになりすぎたのかなあ。なんとなく、豊かになると子どもが減るのと似ている。

アメリカは年がら年中戦場みたいな社会です、スタートアップは産まれますが、大多数の国民が幸せかどうかはわかりません。
これってマザーズで早めに上場するから非上場のままでそれくらいの価値になりにくいっていう構造の問題な気がしますが。
「ユニコーン企業」をモノサシにするのは、どうなんでしょう?

個人的に感じる日本の弱点は「小さくまとまってしまう」ことです。

シリコンバレーにいると「スケール、ひたすらスケール」に注力します。

しかし、日本をみると「まずは、このくらい」という感じが多いです。
(勿論、中には例外もありますが)

「GoodはBestの最大の敵である」と言われるように、小さな成功で満足してしまうと、その先にある大きな成功への道が遠ざかるのです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
失敗を恐れて何もしない日本企業。失敗を恐れずにチャレンジし続けて成功している米中企業。国民性の近いもあるけど、単純にチャレンジすることを恐れている。