新着Pick
178Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
『働き方改革によって、働き手が自由に裁量的に使える時間を作る。その時間は、独学あるいは社外の学びのサークル・学校を使って学習する。その成果を仕事で試してみることで、生産性向上やより大きな業績へとつなげるのだ。』

主旨に同意なんですが、裁量が与えられた後の独学に自走してくれるまでに誘う方法が1番難しい印象です。

独学や社外に出てもらうための静止摩擦係数が高すぎるんですよね。一度動いた人は2度と止まらないのに
私自身、『働き方改革』に長年携わってきたのだが…、
実情は厳しい現実があると感じている。

"引算的"な活動ばかりで、"足算的"な活動が
残念ながらあまり見ることがない…。
現場では、疲弊している実態があり、
正直、"やらされ感"があるのは、否めない…。

様々な働き方改革の取組みにて、
残業時間が結果的に無くなり、
自由な時間を得ることが出来る…
本来、捻出された時間を次の成長のために
費やそうと考えられるのだが、
どうしたら良いのか分からないという人達が
結構存在する…。

今まで、自由な時間を自身で持ったことがなく、
"お好きにどうぞ!"と言われても困ってしまう人達は、
生活給の一部となっていた残業代が無くなり、
自由になるお金も無く、早く帰ることができても
何もすることがなく、只々困るだけという悲惨な人達が
存在するのを目の当たりにした…。

働き方改革を進める上で、是非、加えて欲しい
取組みの一つに、"今後どうなるの?"という不安を
軽減するための"BEFORE-AFTER"を示す
具体的な描写方法がある。(Journey Mapping)

工夫して捻出した時間を、自身が成長するための
時間であるという示唆を打ち出し、"学び"を促進する
仕掛けを取り入れて欲しいと思う。

組織の中に、これから先、求められる能力要件を明示して、
従業員が活躍できる道筋を描いている企業は、
どれだけあるだろうか…。

企業の外側で学べることは、沢山あるのは理解している…。
しかしながら、単に何かを学ぶだけでは、
企業が求める"価値"に繋がるものにならないと思う。

自身が培ってきたものに、"新たな学び"を足算して、
それを活かせる機会を組織の中で創出していくことも
企業側の責任だと思う。
狭義の手段としての働き方改革(特に残業削減)と広義の目的としての生産性向上(=アウトプットの最大化)の断絶を結びついけるのが学びによる自己投資、というのは賛成ですが、もう一つセットであるのは、自分の時間の可視化や分析だと思います。

たとえば今から自分の時間の20%を削減せよ、と言われても、現状の時間の使い方を知らなければ、何をどう削減して良いかわからないですし、それができて初めて、「じゃあ空いた時間をどうする?」となるのではないかと思います。
働き方改革に対する「聞心地の良い言葉をくっつけて都合よく話をしている気がする」「生産性が上がったように思えても成果の総量は増えない。だから、賃金は増えない。働き手には何もメリットはないということになる」という意見には全く同感です。
「学ぶ」ことは自分の努力で実現できるでしょう。
問題は、経験したり学んだりした自分のスキルや能力を、仕事で活かせるかどうかです。そう感じられればエンゲージメントが高まることが知られていますが、現実にはそう感じない(活かせていない)人が多いと思われます。

決して配置や配属に関して待ちの姿勢にならず、上司と相談してみましょう。それが実現できれば、自分と会社はwin・winの関係になれるはずです。
松下幸之助が週休二日制を導入したのは働き方改革を実現する為に「一日休養、一日教養」を定着させる為です。この記事で提案されていることは松下さんの考え方の繰り返しですね。

言っていることは正しいと思いますが、現実的かというと難しいと思います。今の時代は全員が意識高く仕事と向き合っている訳ではないですからね。2:6:2の法則でいう、精々上位2割の人にしか通用しない考え方かと思います。また、今の時代は適切な環境で働けているとも限らない。残業代がまともに払われない会社も多いので、記事では否定されていますが残業時間を減らしつつこれまで通りの成果を出せることに喜ぶ人は多いし、残業時間が減ることで寝顔しか見てこなかった子供と一緒に晩ごはんを食べられることに幸せを感じる人も多い筈。

働き方改革は目的ではなくて手段です。その手段を用いて達成したいゴールは業績向上ですが、それに至る手段は一つじゃないと思います。記事で提案されているような「学び」によって会社に改革を与える人もいるでしょうし、プライベートが充実して会社へのエンゲージメントが高まって会社に貢献する人もいると思います。他にも色々ある筈。ただ、政府もそんな個別の事情まで踏み込んで「働き方改革」を発信できないので、ふわっとした発信になっているというオチです。今求められている事は、政府が「働き方改革」を提唱した事をきっかけに、働く人一人ひとりが「自分はなぜ働くのか」「自分の正しい働き方は何なのか」を真剣に考えることです。そしてその結果を行動してボトムアップで働き方を変えていく。「働き方改革はこうあるべき」と一律の解を出すのは、今の時代ではなかなか通用しないと思います。
「生産性向上」は目的で、「働き方改革」は手段です。

日本では、よく「手段」が「目的」になってしまうので、失敗します。
「働き方改革」は目的ではありません!

あと、会社経営と同じで、「生産性向上」のためには「先行投資」が必須です。

「これまでと同じやり方、同じスキル」では、生産性向上は実現できません。

その前に「先行投資」として、スキルアップがないと時間が短縮される分、生産性が低下します。

すごく当たり前のことですが、なかなか実践されていません。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
働き方改革で捻出した時間を自発的な学びに使い、学びを仕事に活用することで生産性が向上するとの趣旨です。

労働時間削減だけが注目されてしまい、削減が目的化した取組も見られますが、本来的な働き方改革は指摘のとおりです。
これまで時間に対するコスト感覚がなかったので、働き方改革の流れはこうしたことを考えるいいきっかけです。

労働者個人の視点に立てば、無駄に会社に拘束されていた時間から解放されたときに、その時間を何に使うのかという問題になります。
少なくともフラリーマンとして飲んだくれているようでは、どこにも居場所がなくなり、金の切れ目が社会との縁の切れ目になってしまいます。
お客様に提供する価値が何か? 業務のなかできちんと提供価値につながっているもの、つながっていないものを仕分けすることが必要と考えます。

この提供価値の観点がないから、働き方改革のせいで価値が減ることもあり、真の意味で生産性上昇につながっていないと考えます。

学び直しが有効なのも、提供価値につながる知識やスキルが明確だからこそ、と感じます。

#働き方改革
#リカレント