新着Pick
192Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
次々と打ち手が・・・しかしフランチャイズ契約形態そのものを変える抜本的な改革は出てこないのですね。
「本社」の立場から「現場」を指導する立場のヒトが、売上不調で直接的な現場運営・サポートにアサインされる。これは小売業ではそこそこある話だとは思いますが、それで反発や離脱が相次ぐようなら、そもそもスーパーバイザーと現場の関係性はあまり円滑・健全ではなかったのではないでしょうか。

ここは一発「プロフェッショナル」としての意地を見せて、「現場」から業績回復に尽力して欲しいものです。
店舗指導を担当する現場社員について、現状の約3千人から約千人減らす組織改編を検討しているようだ。配置転換としては、オーナーなどの業務代行とのこと。これは単なる、店舗の人員補充用になるということだと思うので、多くの反発と離脱が起こりそうな気がする。
社内のキャリアステップとして、まずはオーナーの業務代行をし、その後スーパーバイザーになる、ということであれば綺麗かも。
ここからが本当のコンビニ経営なのかもしれませんね。
オーナーさんと共に売上を作れる会社だけが生き残る。
各社の現場への取り組み、サポートに注目したい。
1/3の人員をパワーシフトですか…最近、ファミリーマートとセブンイレブンのニュースの対比が際立ちますが、このパワーシフトも、従業員との関係が重要な要素なので、うまくいくことを祈ります。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
今でも退職者が多いのに、店舗支援(要はバイトの延長)に配置転換では、退職者が更に増えそうです。
株式会社セブン&アイ・ホールディングス(英語: Seven & i Holdings Co., Ltd.、通称表記:セブン&アイHLDGS.)は、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武などを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である。日経225及びTOPIX Core30構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
3.28 兆円

業績