新着Pick
166Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
単日ベースでみると、1年で最もコンビニの売り上げが多いのはクリスマス。1月1日も、売り上げが2番目に多いグループに属する。

ハーゲンダッツも元旦に1番売れるということなど含め、そもそも閉めたいというオーナーも少なそうだし、かき入れ時だからこそ頑張るという人がFCで経営をするような人なので、よっぽどビジネス街のど真ん中は別として、休みたいという経営者は少ないのでは。

とはいえ本部としてバックアップの姿勢を示すのはいいですよね。

お鉢が回ってくる本部の社員は、せめて代休をとってくださいね。
この手の問題、どういう契約方針なのか定かではないですが、基本的にはフランチャイジー側の判断では駄目なのでしょうか。

稼げると思ったら働けばよいし、休みたいと思ったら休めばいい。それはエリア特性に応じて各店舗がエリア属性と自社リソースを踏まえて判断すればいいのでは?
エリアによっても元旦のニーズが高いエリアと、低いエリアの開きがあるのは間違いありません。ビジネスマンが多いような都市分であれば閑散とするのは間違いないですし、無理に24時間あける必要もないと思いますし、近年の傾向からみると決して空いていなくてもクレーム等にはつながらないと思います。
お客様満足と従業員満足。難しい選択。
アパレルでは都心の駅ビルではほぼ元旦は休館日に
この数年でなった。一方、郊外SCはほぼ全館元旦営業。
舞浜のイクスピアリは大晦日から元旦のカウントダウン営業。花火もあがる、深夜から福袋販売開始。一見、年末年始の深夜労働を従業員が嫌がると思いきや、沢山の休日社員が応援に行きたい場所になっている。小売業あげて年末年始を楽しめれる職場にしていきたい。
ファミリーマート 澤田貴司社長の「加盟店ファースト」の取り組み。いよいよスタート。
「お正月に出勤してお金を稼ぎたい人」と「お正月は休みたい人」をマッチングできれば問題は解決しますよね。

「1日だけ」の話ですから、うまく調整できるといいですね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
年に1回無償で使える店長ヘルプ制度。元旦でとこまで本制度を使って休業したい店舗があるか気になるところですね。その比率によって本部社員の負担も出てくるところですし。
ファミリーマートもローソンも、セブンイレブンが叩かれたのを見て、
働き方改革をキャンペーンとして行っているように見えます。

コンビニエンスストアの態勢自体に本質的な問題があることを踏まえて、根本から改革するなら更に良いと思います。
他社は一部で元日の休業、一時休業を打ち出していますが、ファミマは本部からの支援を強化することで原則営業維持になるようだ。
全部一律というのは、そのうち限界が来ると思いつつ、コンビニはライフラインのエリアがあることも間違いないし、そういう意識もあるのだと思う(それはそれで大切と思いつつ)。開けるところ閉めるところを本部とオーナーが意思を持ってやれるのが良いですよね
コンビニを支えるロジスティクスは、大変ですね(^_^;)
株式会社ファミリーマート (英: FamilyMart Co.,Ltd.)は、日本のコンビニエンスストア (CVS) フランチャイザーである。東証1部に上場されている大手総合商社、伊藤忠商事の子会社。 ウィキペディア
時価総額
9,823 億円

業績