新着Pick
330Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
個人的にはメリハリが大事でここぞという時は徹底的にやって無駄なことはやらない。こうすることで「あらゆる面で、さらに5%の努力を重ねる」よりも生産性は上がると思います。
寧ろ「ここぞ」というタイミングを感じたり無駄をバッサリ切る嗅覚が大事な気がします。
5パーセントって結構しんどいですよね。
ゼロからの5パーセントであれば大したことないですが、ある程度頑張ってる中でさらに上乗せするのは大変な努力です。
林田さんがおっしゃるように、やる分野とやらない分野をパキッと分けて、リソースを集中するのが最適解なのではないでしょうか。
人によるのでは。入れ込み過ぎて肩に力が入りがちな人は死ぬ気でやらずに少し抜いたほうが良いし、一方でだらだら怠けてしまいがちな方はいっそのこと死ぬ気でやるくらいのほうがちょうど良い。誰にでも当てはまる法則など存在しないというのが唯一確からしいことかと。
「一生懸命」よりも「一所懸命」の方がよいということでしょう。
タイトルが適切ではないと思います。

メッセージは「無理をすると続かないので、無理なく継続できることを地道にやる」ということだと思います。

言い方を変えると「自分の人生に適切な『歯車のあそび』を持つ」とも言えると思います。

隙間をギチギチに詰めてしまうと、歯車も動きません。「あそび」があるので、動きます。

時間も、心も、適切な余裕があることで、仕事も人生も豊かになりますよね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
毎日5%だけ努力するだけでも結構大変なはずなので、死ぬ気ではなく、計算してできる努力がいいかもしれない。
いつかは必ず死んで、永遠に"ゆっくり"することになる。むしろ、頑張ることも出来なくなるのだ。
せめて、生きてる間に死ぬ気になっておいた方が良いだろう。