新着Pick
757Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
イケていない上司=マイクロマネジメントをしたがる、カッコいい言葉だけ並べ立て行動が伴わない、非合理的な作業を降る、勉強しない、明確なヒエラルキーを作ることでしか自分の存在意義を保てない

これまでの日本企業で多いタイプかと思います。
こんなことを書くと、いろいろ叩かれるかもしれませんが、どんな場合でも、上司や組織のせいにすることは、責任転嫁だと思います。

そういったことを言ってしまうと、上司のせい、組織のせい、会社のせい、社会のせい…みんな他責にできます。

そして、他責にしてしまった瞬間に、自分の成長の機会を失います。

特に、若いうちや、経験が浅いうちは、何をやっても厳しいので、ついつい他責にしてしまいがちです。

実際、いろいろな課題はありますし、ダメな上司、組織などもありますが、その中で、自分はどう成長するのか?どうしてもダメなら、他に移るか?ということを他責にせずに考えることが、一番重要ではないかと思います。

私の経験で言えば、「有能な上司」より「イケてない上司」の方が成長機会は大きいと思います。

何故なら「有能な上司」は、自分でやってしまうので、部下に対するハードシップは少なくなってしまうケースが多いです。勿論、中には、超優秀な上司という方もいて、その人だったら最高なのですが。

逆に「イケてない上司」は、本人が意識せずとも、部下には常にハードシップが与えられるので、過酷かもしれませんが、それは将来の糧になることも多いです。こちらも、勿論、例外は多々あります。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
自分自身が個人商店(経営者は私、使用人も私)で、上司はその店の「顧客」だと思えばいい。嫌な客と取り引きしない権利も、もちろんある。上司から部下を見ても同じでしょう。
イケてる上司はJIRAもSlackも反応が早くて、判断が的確だと思う。イケてない上司はそもそも全く見てないし、組織やプロジェクトのリードもせず、権力かざすだけ。
イケてる人と若手から言ってもらえるよう、精進したいと思います。
なんか色々横文字書いてあって大変ですが、要はマネジメントとは
・最優先事項を定める
・メンバーの個別最適と全体最適を一致させる
に尽きます
例 「魔王を倒せるのは勇者の一太刀のみ。全ての戦いを勇者のためにせよ」
優秀な部下を排除して、自分の周りには腰巾着ばかり揃えるヤツは使えないですね。