新着Pick
840Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
先進国の主流は、カード決済と非接触決済です。
しかし、どちらも端末を必要としています。

QR決済は端末不要なため、手軽に幅広く普及するという点に強みがあり、決済までの時間がかかるという弱みがありますが、決済事業者が手数料に恵まれないため、今のキャンペーン合戦を永遠に続けられず、その間にカードや非接触の端末が普及してしまい、終焉を迎えるでしょう。

その上で、これまで通り、高額決済はカードで、少額決済は非接触でということが確立すると思われます。

カードについては、デビット、プリペイド、クレジットがありますが、国内ではやはり圧倒的にクレジットですが、決済事業者が得られる加盟店手数料が下がっており、引き続き、ポイントを大盤振る舞いができなくなってくるため、デビットへの移行が強まる可能性があります。

非接触決済は、Suica、nanaco、WAON、Edy、ID、QUICPayがありますが、どれも母体の企業が大きく利便性も高いため、しばらく変わらず続くのではないかと思います。
その一方、VISAが推進する非接触決済のVISAタッチが広まる可能性は十分にあります。現在も少しずつカードに搭載されつつあり、また、端末も普及しつつありますが、浸透に時間がかかりそうなのが難点です。

これらの移行はすぐに起こるのではなく、およそ5年くらいかけて起こるのではないかと考ています。

経済産業省の担当は、今回政策で後押ししたQR決済が長く続くと考えていました。
政策できっかけを作るのは大切なことですが、結局、決済は利便性と経済合理性で決まるため、それがなければ徐々に廃れていくものです。
PayPayとLINE Payが経営統合によって1強多弱状況になると思いきや、そこにモバイル非接触決済が立ち塞がる。という予測をしてみました。そして東京五輪でキャッシュレスがさらに進むと。

みなさんのコメントを楽しみにしています。
PayPayやLINE Payはクレジットカード決済の導入をためらっていた小規模事業者、小型店舗のキャッシュレス化を促進しました。

この年始に、佐賀県鹿島市の祐徳稲荷神社にお参りしたら、沿道のお土産物屋ではPayPay、5%キャッシュレス還元のPOPが目立ちました。半年前には見られなかった光景です。キャッシュレス還元の影響で地方もキャッシュレス化が進みました。

保守的な地方でも事業主がキャッシュレス決済に慣れ、そのメリットを感じるようになったところで、決済手数料が発生してもこの状況が進むのか気になるところです。
確かに現在の利用シェアを見ればpaypayがリードしていますが、売り上げはほぼなし、数百億円規模の赤字と聞きます
この規模の出費を恒常的に続けるのかは、如何にYahooが儲かるとはいえ疑問です。開拓コスト、キャンペーンの還元コストなどの一時的なコストが大きいでしょうから、定常的なランニングコストとしてどの程度の赤字になるのかが気になるところ。そして、その定常的赤字を何のビジネスで回収するのかがまだまだ見えません。
「先行投資の成功例」としてよく引き合いに出されるyahooBBも確かに普及したし、それがvodafoneを買収する入場チケットになった面はあるものの、初期の投資を回収できたかと言えばそうではなかったりします
その意味ではどこかでアップル同様、クレカのレイヤーを取りに来るということなんでしょうね
年末年始に目立ったのは、どんPay。
ユーザーにとってややこしい状況に、別の軸を持ち込んだ。
https://www.donbei.jp/donpay/
QR決済は導入の手軽さと一時的にではありますが決済手数料0%もあり中小企業でも大きく広がりました。次はこの手数料0%が終わるタイミングでどうなるか、特に競合少ない郊外での動きも気になります。
選択肢が多過ぎて、自分も含め、どれを使えばいいのか迷っている消費者も多いはず。今後、ある程度のデファクトスタンダードが定まることで、キャッシュレス化がさらに進みそう
オリンピックですので、visaはvisa touchを一気に普及させたいと思っているはずです。
カギはイオンでしょうか?
https://www.aeon.co.jp/information/201811_visa/index.html
自社発行カードがNFC搭載が標準になり、お店でも順次導入が進んでいます。三井住友カードを筆頭に各カード会社もNFC搭載カード化が進んでいます。

便利ですが、海外と同じようにカード利用時にSMS通知を標準化して欲しいなと思います。アプリ通知でもいいですけど…

visaは、visa touchの普及を念頭に、数年前からカードに他の決済を載せることを原則禁止しました。
オリンピックでどこまで浸透するか楽しみです。
VISAやマスターのタッチ決済対応の端末、たまに見かけますが、手元のカードがほとんど対応してなくて、楽天pay(→楽天カード)、QUICPay(→楽天カード)、Paypay(→Yahoo!カード)、みたいな使い方が最近は多いですね。

VISAやマスターが本気で勝負するとして、日本でどこまで定着するかはカード発行会社の協力がポイントになりそうです。自動更新で来るカードがデフォルトでタッチ決済に対応していないようだとなかなか定着しないと思われます。EdyやPASMO、Suicaを組み込んでるカードも多いのでハードルは高い…?
記事中ある通り、自分はまさにFeliCaに依存していますし、その日常から離れるのは広義な意味で難儀です。
今からスマホを手にする世代から新たなキャッシュレス文化が醸成され、現在既にキャッシュレスを利用している世代は今のスタイルを維持すると推察しています。
この連載について
2010年代は、多くの大企業がビジネスモデルの変革を迫られ、新たな産業が勃興した。2020年代には、どんな変化が訪れるのか。先行きが不透明なビジネスの最前線を、有識者たちの予測で見通す。
Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
52.3 兆円

業績